FC2ブログ
SOUL CITY USA @ BLUE HEAT
2019 / 05 / 03 ( Fri )
20190518soulcity.jpg
14:40:47 | イベント | コメント(0) | page top↑
平成最後の SOUL 45 / こんなの知ってます ?
2019 / 04 / 23 ( Tue )
久しぶりのシングル・レビュー、こんなの知っています ?

tony and the kayos 1
tony and the kayos 2
Tony and The Kayos / Where Are You Going (Star-Fax 1003) 1963
トニーさんの正体を知らずに長年保有。ある日、S 先生から、Oscar Tony Jr. の古い録音だねと言われて、慌てて聴き直しました。この声はまさしく、疑いようがありません。調べてみると、ゴスペル・グループを経て、兄弟とコーラス・グループ The Searchers を結成。彼等が歌っていたジョージア州コロンバスのクラブのハウス・バンドだったのが The Kayos で、トニーさんはバンドのゲスト・ボーカルとしても活動していたようだ。そこら辺の事情は SUNDAZED の CD ライナーに詳しく書かれているが、このシングルの存在には触れられていません。ディープ・ソウル・ファンは興味津々でしょ、内容は陰鬱なスロー・ブルースであります。ボーカルは闇を切り裂く感じの絶唱なのに、バックの演奏がなんだかのどか、緊迫感が持続しません。ウラのファンキーなダンス・ナンバー The Kangarooも、歌いっぷりは迫力あるんだけど、踊っている姿が浮かんでこないのがちょっと不満。なお、1960 年、The Searchers には Yvonne / Little Wanda (Mac 351) というシングルもあり、リードで歌っているのはトニーさんではないみたい。大好きなシンガーの珍しいシングル。コメントは冷静だったけれど、私にとって、ありがたいシングル盤であることはたしかなのである。
delores johnson les watson cottonball 1
Delores Johnson – Les Watson and The Panthers / It Hurts Me So Bad (Cottonball 1001) 1966
テキサスはダラスの男女デュエット、Les Watson については楽ソウル126pと当ブログ 20090116 を参照ください。Delores Johnson はセントルイスの Bobbin にシングルがある女性 (20141008 参照)、The Iketts のメンバーだったこともあり。Cottonball は Pompeiiの系列レーベルのようだ。Peggy Scott & Jo Jo Benson の出現を予感させる元気いっぱいのアップテンポ・ナンバー、お二人の掛け合いボーカルが見事、デロレス嬢の一歩も引かないタフな歌いっぷりが光ります。
delores johnson bobbin 1
Delores Johnson / Give Me Your Love (Bobbin 132) 1962
ついでに Bobbin のシングルも。バックのコーラスはアイケッツでしょう、アイク・ターナーのギターもエグい、ダークで情感たっぷりのブルース、真夜中にそっと聴きたくなる曲だ。
boogie kings paula
boogie kings pic
The Boogie Kings / Tell It Like It Is (Paula 260) 1967
60 年代に活躍したルイジアナの伝説のスワンプ・ポップ・バンド、ソウル・ネタもありで、Amerian Soul Train (A&M) のバックで演奏しているのは彼等。バンドとしてはあまり興味は無いけど、ふと見つけたこの盤には愛着が。言わずと知れた Aaron Neville の有名曲、オリジナルは甘ったるくて好きになれないのに、何故かこのブルーアイド・ソウル・ヴァージョンにはぐいぐい惹きつけられるものがある。歌いっぷりは深く、大げさなパフォーマンスはなくとも実にソウルフル、珍しくないシングル、アルバム Blue Eyed Soul (Montel Michelle 109) にも収録されています。
joyce love 1
joyce love 2
Joyce Love / Wish Someone Would Care (Lucky Sounds 13 713-2) 1966
これもソウル・ファンには無名のシンガーによるカヴァー、元々の Irma Thomas も後の Mary Lou もグレートなので、いささか分が悪いかな。バックもボーカルもどことなくたどたどしい、でも真っ直ぐな姿勢が良いので、これはこれで可愛がりがいがあるのです。そして、ウラでもベティ・エヴェレットの You’re No Good を朴訥に歌ってくれる。配給が Montel Record Corp とあり、ルイジアナ産のよう。なお、私の知る限り Joyce Poynter 名義も含め他に 3 枚のシングルが、白人かもしれませんね。
d b brantry sharp 1
d b brantry sharp 2
D.B. Brantley & The Fabulous Micronites / I’m Coming Home (Sharp 9047) 1966
Dan Brantley (楽ソウル20p) です。ここで楽本を訂正、Touche をデビュー盤としていましたが、こちらの方が先。再録の Touche と比べると少しゆったりで、よりコブシをきかせた歌いっぷり、バックの音もかなりローカルな感じです。個人的にはこちらの方が生々しいので好きかな。ウラのバラード Looking For A New Love は静かな曲調、穏やかに大切に歌われており、噛めば噛むほど、味わい深くなってくるタイプ。やはり並のシンガーではありません。楽本ではマイクロナイツはボーカル・グループとしてましたが、バラードの方はコーラス無しなので、バンドかも。勢いで書いてしまい反省。
d d james soultrack 1
d d james soultrack 2
D.D. James / Why Do Lovers Lie (Soundtrack 1600)
グレートでもマーヴェラスでもないけど、買ったとき、セール・リストに Jimmy Dotson (楽ソウル40p) と書いていた記憶があり、あえて紹介。アトランタの Sur-Speed 関連のレーベル、ライターに J Dotson とあるでしょ。甘くテンダーなバラード。歌いっぷりは悪くない。耳に自信のない私、胸をはって断言できません。ちょっと鼻にかかった声なので、やっぱりガセネタかな。ウラは「ローマは 1 日にしてならず」、なんとなくジミーさんなら、ありな選曲、アップ・テンポで張り切ってくれます。
おまけ。Jimmy ‘Louisiana’ Dotson という南部の R&B シンガーがいて、Home Of The Blues のシングルで聴き比べましたが、こちらもやはり判然としません。
roger ridley sisters 1
roger ridley sisters 2
Roger and The Ridley Sisters / Morning, Noon, I Cry (Del-Pat 605) 1966
Roger Ridley ってご存じですか ? 後年、ストリート・ミュージシャンとして知られ、Stand By Me を歌っている映像を観たことがある人も多いのでは。Taking You Back ll (Starwood) という CD アルバムもあります。これは若き日のオブスキュアな 1 枚、3 人娘がバック・コーラス、ロジャーさんとは兄弟姉妹のよう。ただひたすらな嘆き節、メロディーが単調なので、後半は力業で盛り上げてくれます。ウラの A サイドは、ロジャーさん抜きのシスターズ、ダンス・ナンバーで慌ただしく騒がしい。随分と昔にけっこうな値段で買いましたが、今では、こんなところまで手を出すディープ・ソウル・コレクターもいなくなったのでは。
curtis davis ronnie 1
Curtis Davis and “The Arketts” Crossfire Band / Tell Me (Ronnie 1001) 1967
最後に、これは蘊蓄抜きでお薦め。レーベルにはワシントン DC とフィラデルフィアの表記があり、どちらなんでしょう、どちらにしてもアーバンな逸品。どこか浮き世離れなメロディーとパーカッシブなサウンド、そこに頼りなく優男なボーカルが乗っかってまことに心地よいミディアムであります。Ronnie には Argie And The Arketts / You're The Guy (Ronnie no#) という素敵なシングルもあり、そちらで歌っているのもこの方かもしれません。
13:45:39 | SOUL 45 | コメント(0) | page top↑
BARBARA HOWARD & DON BRYANT
2019 / 03 / 31 ( Sun )
BARBARA HOWARD / ON THE RISE (COLEMINE 12002)
barbara howard on the rise 1
barbara howard on the rise 2
既に当ブログ (20170201) でも取り上げたシンシナチの Barbara Howard、そこでも触れた幻の LP の再発 (前回の記載ではアルバム名を間違えていました) です。実は、CD よりも 1 か月以上前にアナログで出てたのに、うかつにも見落としておりました。おそらく 1971 年頃のリリース、シングルで既に聴いていた傑作バラード 2 曲 (④⑧) は収録、人気のファンク・ナンバー I Don’t Want Your Love は未収録。他 8 曲はカバー曲で、ドアーズ (①)、アレサ・フランクリン (②⑦)、ブレンダ・ホロウェイ (③)、ウォルター・ジャクソン (⑤)、ナンシー・ウィルソン (⑥)、トム・ジョーンズ (⑨)、フランク・シナトラ (⑩) といったところ、聞きやすいなじみのあるものという選曲基準なのか、ソウルからちょっと離れた曲が多いのが残念。オリジナル原盤は 500 枚しかプレスされなかったらしく、制作した Steve Reece さんにはあまり売る気が無かったのかもしれない。裏ジャケには、デビュー・シングルは 5 万枚売れたとあるのにね。
ちょっとケチをつけてすいません。安易に作られた感ありながらも、救いはバーバラ嬢の歌いっぷり。上手くないけど、どの曲でも健気で一途、ちゃらちゃらしたところやずうずうしいところが全くありません、こういうのがソウルフルって言うのじゃ、よって、好みじゃない曲でも聴きどころありです。ジャケット見るとかなり美形だし、さらに応援したくなってしまいます、優しく紳士なおじ様なら迷わず買い。そして、女性にシビアなあなたにも、オリジナルのバラード 2 発でお釣りが来ますよ。

DON BRYANT / DON’T GIVE UP ON LOVE (FAT POSSUM 1607-2) 2017
don bryant dont give up 1
don bryant dont give up 2
発売当時に大絶賛すべきだったと猛反省。2 年前にリリースされたドン・ブライアントです。来日公演に満足して、何故かスルーしておりました。3 月 2 日のブルーヒートのレココンで新井さんが 1 曲目の A Nickel And A Nail をかけてくれ、これは聴かなきゃと慌てて購入。
新譜ながらも新しさは皆無です。まるで 70 年代最初に戻ったかんじ、録音はメンフィス、Howard Grimes、Charles Hodges も参加、よって HI を彷彿させるサウンド。スローからアップまで全曲まっとうなサザン・ソウル、迷いのない姿勢に敬服。良いものは変わる必要など無いことをあらためて教えてくれます。落ち着いてゆったりと、なんだかとても心地よく、どの曲が凄いということでもなく、38 分間ずっと幸せで、何度も繰り返して聴いています。ドン・ブライアント様はじめ制作に携わった方々、本当にありがとうございます。
蛇足ながら、8 曲目と 9 曲目の曲名が逆に表記されています。
23:41:18 | もっと楽ソウル | コメント(0) | page top↑
SOULマジ半端ないって ! @ BLUE HEAT / PLAY LIST
2019 / 03 / 03 ( Sun )
昨日はたくさんの方のご来場、ありがとうございます。
そして、遅い時間まで、最後までお付き合いいただいた方々、ありがとうございます。
次回は、7月20日(土) SISTERS SOUL 3 です。

TAKATSUGU ARAI

01. Otis Clay / Baby Jane (Dakar 610) 69
02. Vernon Garrett / If I Could Turn Back the Hands of Time (Modern 1026) 66
03. Jackie Wilson / (Your Love Keeps Me Lifting) Higher and Higher (Brunswick 55336 / LP 54130) 67
04. Ollie & The Nightingales / I Got A Sure Thing (Stax 245) 68
05. Bobby Womack and Peace / Across The 110th Street (UA 196 / LP 5225) 73
06. Otis Redding / I Can’t Turn You Loose (Volt 130 / LP 418) 67
07. Aretha Franklin / Think (Atlantic 2518 / LP 8186) 68
08. Martha & The Vandellas / Dancing in The Street (Gordy 7033 / LP 915) 64
09. Candi Staton / How Can I Put Out the Flame (Fame 1472 / LP 4202) 70
10. James Carr / Dark End of The Street (Goldwax 317 / LP 3001) 66
11. L. L. Milton / That’s All I Need (Interstate 20019) 74
12. Jim (Jimmy) Coleman / Cloudy Days (Sir-Rah 502 / Revue 11002) 67
13. Marvin Gaye & Tammi Terrell / Ain’t No Mountain High Enough (Tamla 54149 / LP 277) 67                          
14. O.V. Wright with the Keys / That’s How Strong My Love Is (Goldwax 106) 64
15. Temptations / Since I’ve Lost You (Gordy 7086 / LP 949) 69
16. Etta James / I’d Rather Go Blind (Cadet 5578 / LP 802) 67
17. Don Bryant / A Nickel and A Nail (FP 1607) 2017
18. Wilson Pickett / Hey Jude (Atlantic 2591 / LP 8215) 69

MAKOTO BANKS

01. Jimmy Richards / My New Found Joy (A&M 917)
02. Wilson Pickett / I’m Sorry About That (Atlantic 2430)
03. Danny White / You Can Never Keep A Good Man Down (Decca 32106)
04. Bill Coday / A Man Can’t Be A Man (Epic 8-50167)
05. Willie Johnson / I Can’t See Myself (Future Stars 1009)
06. The Famous Flames / Nobody Knows But My Baby And Me (King 6341)
07. Nelson Sanders / Tired Of Being Your Fool (La Beat 6608)
08. Eddie Hill / Nothing Sweeter (M-S 207)
09. The Fantastic Four / Girl Have Pity (Ric-Tic 119)
10. P.C. Crockett / This Is My Story (Verve 10588)
11. Cool Sounds / Boy Wonder (W.B. 7615)
12. Corey Blake / How Can I Go On Without You (Capital 4057)
13. Newby & Johnson / I Want To Give You My Everything (Mercury 73080)
14. Johnny Williams / I Made A Mistake (Bashie 100)
15. Joe Perkins / Try Love (Blutt City 220)
16. Carl Sims / I Know How To Love A Woman (Beale St.7501)
17. Eddie Parker / I Need A True Love (Triple B 0001)
18. Willie Hightower / I Love You So (Mercury 73338)
19. Jesse Fisher / I Can’t Stop Loving You (Sojamm 105)
20. Darrell Banks / I Wanna Go Home (Cotillion 44006)

SHIGEMI MORISHIMA

01. Willie Hatcher / Searching (Columbia 44259) 67
02. Otis Redding / Security (Volt 117) 64
03. The Dells / There Is (Cadet 5590) 68
04. The Soul Children / Move Over (Stax 0008) 68
05. Gladys Knight & The Pips / Make Me The Woman That You Go Home To (Soul 35091) 71
06. The O’Jays / Listen To The Clock On The Wall (from LP Back Stabbers) 72
07. Chuck Armstrong / How Sweet It Is (Sound Stage7 2640) 69
08. The Ovations / Don’t Break Your Promise (Sounds Of Memphis 708) 72
09. Jimmey“Soul”Clark / I’ll Be Your Winner (Soulhawk 003) 67
10. Mary Lee Whitney / Don’t Come A’Knockin’ (Loma 2044) 66
11. Ray Gant & Arabian Knights / Don’t Leave Me Baby (Jay-Walking 014) 72
12. Tribe / Love You Like A Brother (Farr 018) 76
13. The Seminoles / I Can’t Stand It (Check Mate 1012) 62
14. Bobby Patterson / I’m In Love With You (Jetstar 121) 70
15. Bobby Womack / Give It Up (Arista 0446) 79
16. Patrick Allen / Groovy Feeling (K & B 5540) 77

KATSUAKI SANO

01. James Carr / Pouring Water On A Drowning Man - version 2 (Kent CD 231)
02. Spencer Wiggins / Once In A While – unissed extended version (Kent CD 262)
03. O.V.Wright / Ace Of Spade (Back Beat 615)
04. Candi Staton / Too Hurt To Cry (Fame 1478)
05. Gladys Knight & The Pips / No One Could Love You More (Tamla Motown 864)
06. Ty Karim / Lightin’ Up (Romark 73-104)
07. Kenny Hamber / Let’s Do That Camel Walk (Mean 200)
08. Otis Redding / Chained And Bound (Volt 121)
09. Ann Sexton / I Had A Fight With Love And I Lost (Charly CD 8012)
10. The Spinners / It’s A Shame (VIP 25057)
11. Hollidays / Easy Living (Groove City 206) vocal by Steve Mancha
12. Johnny Mae Mathews / I Have No Choice (Big Hit 105)
13. Al Gardner / Sweet Baby (Sepia 2)
14. Don Bryant / Just A Touch Of Your Hand – unissued (Soul-Tay-Shus 6357)
15. The Brothers Gilmore / I Feel A Song (Bantu 0001)
16. Redd Davis / Love Doctor (Urban no#)
17. Tut Sutton / No Apreciation (USA 852) from Fuel CD USA Record Soul Story
18. Vernon Garrett / No Sign Of Love (R&B) 69 from private CD
19. Connie Laverne / Can’t Live Without You (GSF 6916)
20. Theron and Darrell / I Was Made To Love Her (Solo 1970)
09:56:11 | イベント | コメント(0) | page top↑
映画 ノーザン・ソウル NORTHERN SOUL
2019 / 02 / 22 ( Fri )
先日、映画「ノーザン・ソウル NORTHERN SOUL」を新宿シネマカリテにて観ました。ノーザン・ソウルの名曲・傑作が続々と流れ、それだけで大満足。ダンス・シーンも見逃せません。
ドラマは正統的な青春映画ですね、ちょっと恥ずかしいけど、こういうのも嫌いじゃない。
ただし、ノーザン・ソウルは薬がなくても楽しめます、念のため。
ノーザン・ソウル・ファンに一言、たまには王道ソウル (O.V.Wright とか The Dells 等々) も聴いていただきたいなぁ。お近くの方、3 月 2 日のブルーヒートのレココンにも来ていただけたら、踊れませんけど。

northern soul
luther ingram hib 1
luther ingram hib 2
映画の中でも、Luther Ingram Orchestra (HIB) と Lou Pride (Suemi) は鉄板。私は Exus Trek より歌入りの方が好き。
21:49:31 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ