最高の魂(ソウル)を持つ男
2015 / 06 / 19 ( Fri )
ジェームス・ブラウン 最高の魂(ソウル)を持つ男

先週、JBの映画をシネクイントで観た。これは必見、大感激。歌っているところが凄い、印象としては半分くらいステージ・シーンかな。JB のライブ映像や音源を見事に再現、TAMI SHOW、アポロ・シアター、ボストンの伝説的ライブ、パリ公演等々。最初、チャドウィック・ボーズマンは JB にあまり似ていないとがっかりしたが、この俳優さん、なかなかのツワモノで、そのパフォーマンスは圧倒的。これクチパクなんだっけ、なんてこともいつの間にか忘れてしまうほどに、なり切っておりました。オープニングのジャージ姿の奇矯な JB の行動を見て、人間的には問題があった人という先入観もあったので、けっこうドロドロとした映画なのかと思ったら、そこ以外は極めて穏当。サイド・ストーリーのボビー・バードとの友情や母親とのドラマの部分もあまり重くならずに描かれ、ホンマかいなという感じのダン・エクロイド扮するマネージャーとの信頼関係など、あくまで優しい目線です。
にやっとしたのは、リトル・リチャードがレコード会社に売り込む方法を JB に伝授するところや、レコーディングに立ち会ったシド・ネイサンが JB の歌にあきれるところなんか、私にとってはたまらないシーン。欲を言うと、JB のサウンドの秘密を解き明かすヒントとなるようなエピソードがあまりないのが残念かな、ゴスペルだけじゃね。待遇と音楽性の相違で、フレイムズのメンバーが去っていくシーン、メイシオ・パーカーと揉めていたところもちょっと分かりにくかったし。
まあ、私の文句は無視してもらってけっこう、ソウル・マン JB と人間 JB のバランスも良く、天才シンガー JB に対するリスペクトに満ち溢れた素敵な映画となっています。エンドロールを見つめながら、席を立つのが残念に思えたくらい。とにかく、ステージ・シーンが最高、つまりはジェイムズ・ブラウンの音楽が最高ってことを再認識した映画ということかな。観てない人は、絶対観るべし。


jb movies
02:58:52 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
アルツハイマ―のお知らせ
2015 / 06 / 02 ( Tue )
ソウル・イベント 「アルツハイマ―」 のご案内です。

日時 : 6 月 20 日 (土) 午後 5 時 ~ 11 時
場所 : 「カブキラウンジ」
新宿区歌舞伎町 1-23-13 TC大滝ビル 5 F ☎ 03-6205-5125

おそらく、日本一ゆる~いソウル・イベント、気軽にお越しください。
チャージ 1,000円 (ワン・ドリンク)


ALZ20150620.jpg
23:04:01 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
SOUL 東西対抗 @ BLUE HEAT
2015 / 02 / 20 ( Fri )
SOUL 東西対抗 @ BLUE HEAT

サザンもノーザンもぶっ飛ばせ、西海岸と東海岸でソウル対抗戦

3 月 21 日 (土、祝) open 17:30 start 18:00
SOUL 東西対抗 @ BLUE HEAT
場所: BLUE HEAT 新宿区舟町7番地 舟町ビル B1F
PHONE 03-3355-7799
DJ : 佐野勝明、森島繁美、MASKMAN、佐々木正三、寺尾康
NO CHARGE(要ドリンク代) 

BLUE HEAT 20150321
5 月 2 日 (土) は ONE MAN DJ、7 月 19 日 (日、翌日祝日) は 俺のノーザンソウルを予定。
11:58:55 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
ONE MAN DJ @ BLUE HEAT / PLAY LIST
2014 / 09 / 15 ( Mon )
たくさんの方のご来場、ありがとうございました。
次回は 11 月 23 日 (日、翌日祝日)、SOUL DEEP 4 やります。

01. New Invictors / Deeply In Love With You (Hale 500) from CD “Georgia Vocal Groups”
02. Johnny Mae Mathews / I Have No Choice (Big Hit 105)
03. Maxine Brown / Am I Falling In Love (ABC-Paramount 10370)
04. The Rockmasters / Raining Teardrops (Romulus 3003)
05. 4 Hollidays / Deep Down In My Heart (Master 3001)
06. Alex Spearman / Please Baby Please (Dover 4104)
07. The Embraceables / Come Back (Dover 4101)
08. The Miracles / Heartbreak Road (Tamla 5409)
09. Tammi Terrell / This Old Heart Of Mine (Motown 1138)
10. Four Tops / I Like Every Thing About You (Motown 1096)
11. Gladys Knight & The Pips / Your Old Standby (from LP Feelin’ Bluesy)
12. The Temptations / Since I Lost My Baby (Gordy 7043)
13. The Spinners / It’s A Shame (V.I.P. 25057)
14. The Caesars / Girl I Miss You (Lanie 2002)
15. The Four-Gents / Young Girls Beware (Oncore 83)
16. The Charmels / Please Uncle Sam Send Back My Man (Volt 142)
17. Diplomats / Love Ain’t What It Used To Be (Wand 195)
18. The Artistics / This Heart Of Mine (Okeh 7232)
19. The Manhattans / Love Is Breakin’ Out (Carnival 542)
20. Sandell’s / Darling I’m Yours (Daran 221)
21. The Trends / No One There (ABC 10881)
22. The Epitome Of Sound / You Don’t Love Me (Sandbag 101)
23. The Bells / Words Can’t Explain (Mirwood 5505)
24. International “G.T.O’s” / I Love My Baby (Rojac 1007)
25. Jimmy Hughes / Why Not Tonight (Fame 1011)
26. Norm West / Hey Little Girl (M.O.C. 664)
27. Clarence & Calvin / Step By Step (Atco 6362)
28. Charles Gray / I Found A Love (Village 103) Les Watson & The Panthers
29. James Carr / Forgetting You (Goldwax 311)
30. Spencer Wiggins / This Love Is Gonna Be True (unissued) from CDKEND 340
31. Ann Peebles / Trouble, Heartaches & Sadness (Hi 2205)
32. Otis Clay / Let Me Be The One (Hi 2226)
33. Candi Staton / Heart On A String (Fame 1460)
34. Richard Marks / Ups And Downs (Note 7211)
35. Jimmy Thorpe / Don’t Let My Love (Task 8212)
36. Johnny Truitt / Your Love Is Worth The Pain (A-Bet 9433)
37. Herman Hitson / You Are Too Much For The Human Heart (Atco 6566)
38. Chapter One / Let Me Down Easy (20th Century 2321)
39. Child’s of Friendship Train Robbers / Jackie (Natural 1516)
40. Thompson Brothers / I Saw The Light (WMOT WS8 5353)
41. Answers To Love / It Was Real (Lion 137)
42. First Class / Coming Back To You (All Platinum 2373)
43. Bobby Kline / Say Something Nice To Me (MB 1001)
44. Herb Ward / Strange Change (Argo 5510)
45. The Continental 4 / The Way I Love You (Jay-Walking 009)
46. The Modulations / What Good Am I (Buddah 398)
47. Exits / Another Sundown In Watts (Kapp 2028)
48. Cool Sounds / Boy Wonder (Warner Bros.7615)
49. The Sensations / Demanding Man (Way Out 2005)
50. The Cheers / Never Again (Nation 7859)
51. The Sensations / Gonna Step Aside (Way Out 2005)
52. Roscoe Robinson / Just Ask The Lonely (Gerri 1001)
53. Ty Karim / Lightin’ Up (Romark 73-104)
54. Connie Laverne / Can’t Live Without You (GSF 6916)
55. The ‘La Dellics’ / I’ll Never Change My Love For You (Mo-Jo 3001)
56. Gladys Knight & The Pips / No One Could Love You More (UK Tamla Motown 864)
57. The Appointments / Sweet Daddy (Dart! 3510)
58. The Appointments / Keep Away (Redd Coach 732)
59. Theron & Darrell / I Was Made To Love Her (Solo 1970)
60. The Exquisites / Just Couldn’t Make It (Crow 1034)
61. Vanguards / Good Times Bad Times (Lamp 94)
REQUEST
62. Willie Tee / First Taste Of Hurt (Gatur 509)
63. Willie Tee / Please Don’t Go (Nola 737)
64. Tomorrow’s Promise / Never Take Your Love Away (Mercury 73644)
65. The Dramatics / Stop Your Weeping (ABC 12372)
66. The Destinations / I Can’t Leave You (Ando 114)
67. Hollidays / Easy Living (Groove City 206) vocal by Steve Mancha
68. Cody Black / Keep On Keeping On (King 6148)
69. Tyrone Davis / This I Swear (Columbia 3-10528)
70. Z.Z.Hill / Make Me Yours (UK Action 4532)
71. Steve Mancha / Did My Baby Call (Wheelsville 102)
72. David Ruffin / Walk Away From Love (Motown 1376)
73. Ann Peebles / I’ve Been There Before (Hi 2248)
74. Candi Staton / Too Hurt To Cry (Fame 1478)
75. Bettye Swann / Make Me Yours (Money 126)
76. Clarence Mann / You Met Your Match (Gramphone 45707)
77. Little Reuben / In The Name Of Loneliness (New Records 602)
78. James Phelps / The Look On Your Face (Apache 2007)
79. James Phelps / You Were Made For Love (Apache 2007)
80. Bonnie Floyd / I’m So Lucky (Big Yellow 64)
81. Nate Evans / Main Squeeze (Twinight 156)
82. Allison / How Come (Ansap 1001)
83. The Atlantics / What’s So Good About Goodbye (Marquee 444)
84. The Soul Children / If You Move I’ll Fall (Epic 50236)
85. Eddie Parker / But If You Must Go (Miko 803)
86. The Internationals / Beautiful Philosophy (D’ar 105)
10:00:25 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
楽シネマ 「黄金のメロディ ~ マッスル・ショールズ」
2014 / 07 / 02 ( Wed )
先週の木曜日、「黄金のメロディ ~ マッスル・ショールズ」 の試写会に行ってきました。

サザン・ソウル・ファンにとっては、フェイムの音はハイやスタックスのメンフィス・サウンドと同様、特別なものである。そこで作り出される曲には聴く者を虜にする絶妙な味付けがされている。優れた料理人たちは誰なのか、どんなレシピなのか、そんなことは知らなくても、出来上がったレコード盤を聴けば、おいしく音楽をいただくことはできるのだが、いったいどんな人間たちが関わっていたのかどうしても知りたくなる。それは、知識欲からの興味ではなく、素晴しい音楽を残してくれた人たちへの尊敬と感謝の気持から自然にわき上がってくるものだ。シンガーやソング・ライター、バックのミュージシャン達と比べると、フェイム・スタジオの創始者であるリック・ホールは影のような存在で、きちんとしたイメージを持っていなかった。この映画では、リック・ホールその人が目の前に大きく立って、落ち着いた静かな声で、音楽関係の話ばかりでなく、幼少の頃の思い出や父親のこと、自動車事故で妻を失った悲しみなど立ちいったことまで話してくれる。
「スウィート・ソウル・ミュージック」 等の資料で知っていたフェイムの歴史を覆す新事実などはなく、インタビューと映像でおさらいをしているような感もあるが、当事者たちの表情と言葉には温かい懐かしみがある。あまり好きではなかった 「パッチズ」 という曲も、リック・ホールがこだわって録音した理由を知って、印象ががらりと変わった。彼の人柄を知って、ジェリー・ウェクスラーが自分の思い通りになるスタジオがほしかったのも納得できた。エタ・ジェイムズは 「泥にまみれて歌う覚悟でマッスルショールズに行った」 みたいなことをおっしゃっている。私は、エリートのアレサよりもエタの方が好きだ。キース・リチャ―ズは最高にかっこ良かったね、こんな渋い親父になりたかった。マッスルショールズは今も昔も森と川からなる自然豊かな場所、その映像は思わず息をのむ美しさだ。車はちょっと出てくるけど、ビルのような立派な建物はまったく出てきません。
リック・ホールがマッスルショールズという土地と自身のスタジオを深く愛していたことがじんわりと伝わってくる。自分の人生をリジェクション(拒絶)との闘いだったと語っているように、この映画は、頑固に己の信念で音楽を作り続けたリック・ホールという一人の男の物語である。音楽だけではなく、そこに関わった人間に興味のある方には必見の映画だ。

マッスルショールズ映画1
02:27:43 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ