スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
SOUL 45 DORIS DUKE
2014 / 03 / 23 ( Sun )
Clark-Montague-Height / Running Away From Loneliness (Hi-Monty 3241/2) 1966
Tyrrell-Willingham-Height / I’ll Never Hurt You (Hi-Monty 3241/2) 1966

doris willingham

昨日の BLUE HEAT でかけたシングル盤。レーベルにはライター名だけでアーティスト名が記されていない。実は、歌っているのは Doris Duke で彼女のデビュー盤。ドリスの本名は Doris Curry、1945 年ジョージア州 Sandersville 生まれ、子供の頃からゴスペル・グループで歌っていて、18 歳の時、ニューヨークに出る。レコーディングやアポロ劇場のバック・シンガーなどをやりながら、Motown でデモ録音したという話もある。そして、66 年(67 年かも)頃、あの Donald Height が彼女のマネジメントをするようになって、吹き込まれたのがこの Hi-Monty 盤だ。Hi-Monty は、Shout や Mayhew のドナルド・ハイトのシングルにライター・クレジットのある Richard Montague とハイトが所有していたレーベルのよう。ドリス・デューク関連の記事やライナー等でこのシングルの存在は前から知っており、ネットの某ページには音も貼っていて聴くこともできた。以来、なんとかして手に入れようと、オークションやセール・リストをチェックしていたが、全く見たことが無い。見つからなかった原因の一つは、レーベル・コピーを見たことがなく、彼女の結婚後の名前 Doris Willingham 名義でリリースされているものと思い込んでいたことにもよる。そんなことで、最初、売り物としてレーベル・コピーを見た時は驚いた。手に入れることができて、コレクター運を 10 年分くらい使い切った感じかな。でも、歌い手の名前の書いていないレコードって、どういうことなんでしょう、理解に苦しむ。市場でちゃんとリリースされなかったのか、なにか情報があるかと、音の貼ってあったところに再度アクセスしたら、サイトが無くなっていて、確認できず。
BLUE HEAT でも好評だったように両面素晴しい出来ばえ。ライター名にモンターギュとハイトの名前がある Running Away、力強く歌いあげられたバラード・ナンバー、ひたむきでほんのりゴスペル・タッチ。情熱がほとばしるボーカルはとても二十歳そこそことは思えない。フリップの I’ll Never Hurt You は女性コーラスも寄り添い、グループ仕立て。しっとりと情け深いバラード、こちらも真っ直ぐな歌いっぷりが熱くて、涙がちょちょ切れそうだ。ライター名にはドリス自身の名前 (Willingham) もある。なお、両面ともドナルド・ハイトのシングルではお馴染みの Jimmy Tyrrell がアレンジを担当している。
ドリス嬢は、名前を Doris Duke と改め、69 年末に Swamp Dogg のプロデュースで LP “ I’m a Loser “ (Canyon LP 7704) をリリース、同時にカットされた To The Other Woman (Canyon 28) が翌年ヒットしているが、彼女には、先の Hi-Monty 盤と Canyon の間、67 から 68 年頃に Richard Tee のプロデュースで録音があり、全 4 曲中 2 曲は、Doris Willingham 名義で You Can’t Do That / Lost Again (Jay Boy 6001) としてイギリスのみでシングル・リリースされており、You Can’t Do That は UK のノーザン・ファンに人気が高い。
ここで、私が愛聴しているドリス・デュークの CD アルバムを紹介しておこう。

doris duke cd
Doris Duke / I’m A Loser (UK Kent CDKEND 242)
ジャケットには The Swamp Dogg Session & More と書いてある。ファースト LP と 71 年のセカンド ” A Legend In Her Own Time “ (Mankind 200) を収録、ボーナス・トラックとして、Jay Boy 6001 のシングル両面と同時期の未発表曲 Too Much To Bear の 3 曲が追加されている。これはまだ新品で買える、ドリス・デュークをちゃんと聴いていないサザン・ソウル好きの方なら、これは絶対の1枚だ。私は、Swamp Dogg (Jerry Williams) が苦手というか、あまりプロデューサーとして良い仕事をしているとは思わないのだが、ことドリス・デュークに限るととても良い。“ I’m a Loser “ は間違い無しの名盤。Swamp Dogg の曲が減ったこともあってか、セカンドはファーストほど統一感は無いものの、彼女のいろいろな表情が楽しめる好盤だ。カバーが何曲かあり、次のとおり、① Patti LaBelle & The BlueBelles (Atlantic 2610)、② Clarence Carter (LP Atlantic 8238)、⑥ Clarence Carter (Atlantic 2642)、⑮ Persians (GWP 509)、⑰ Irma Thomas (Canyon 31)、⑳ Wilson Pickett & Others、㉓ Glen Campbell & Others。① から ⑤ が強力、① と ⑤ はお得意のこみあげ系のバラード、④ もバラードだけど、ちょっとロマンティックかな。② I Can’t Do Without Youはジョージ・ジャクソンが書いた曲、これは素晴しい、オリジナルのクラレンス・カーターよりも歯切れが良くて好きだ。さらに ③ のミディアム Feet Start Walking も胸が高鳴ってしょうがない。アップの ⑧、ゆったりと歌われた ⑩ も文句無し。⑫ はほんのりカントリー風味のバラード、美しい曲だが、こうして聴くと特に傑出した曲とも思われないが、ドリス嬢のシングルでは最もヒットしている。⑬ は必殺、このタイプのバラードを歌わせたら、天下一品。⑭ の溌剌さも良いね。⑮ は意外な選曲、こういった感じの曲ももっと聴いてみたかったな。しっとり歌われた ⑱ はライナーでは ⑫ のアンサー・ソング的な曲と書かれていますね。㉔ から ㉖ の 3 曲がリチャード・ティー・プロデュース、㉕ はイギリスで人気なのもうなづけるダンス・ナンバー、力任せなところを評価。なお、同時期のもう 1 曲の未発表曲 Make It On Out は音源はあるもののスペース的に入らなかったとされており、私の見落としでなければ、未だに CD 化されていない。ちなみに、ファースト LP はメイコンの Capricorn スタジオ録音、セカンドはマッスルショールズの Quinvy スタジオ録音となっている。

追記 2014.4.24
既に終了した某オークションに Hi-Monty 盤が出品され、その盤では、シンガー名が Doris Willingham となっていました。レーベルは白で、写真を見たところ、最初にプレスしたものに、新たにレーベルの紙だけ張り付けたように見えます。現物を見ていないので、推測ではありますが.
スポンサーサイト
14:06:36 | SOUL 45 | コメント(3) | page top↑
SOUL DEEP 3 @ BLUE HEAT PLAY LIST
2014 / 03 / 23 ( Sun )
たくさんの方のご来場、ありがとうございました。次回は 5 月 10 日 (土) SOUL ご当地ソング集 の予定です。

TAKATSUGU ARAI

01. When He Touches Me / Gloria Jones (Minit 32051)
02. Just A Touch Of Your Hand / Al Gardner (Sir-Rah 504)
03. Let Them Talk / Kim Tolliver (Rojac 129)
04. Boy Wonder (Who Made Good) / Cool Sounds (WB 7615)
05. I’m Gonna Do All I Can / Ike & Tina Turner (Minit 32060)
06. Pouring Water On A Drowning Man / James Carr (Goldwax 311)
07. Can I Be Your Main Thing / Margie Alexander (Atlantic 2828)
08. I Can’t Put You Down / Tony Ashley (Decca 32342)
09. Your Turn To Cry / Betty Lavette (Atco 6913)
10. I Feel Like Cryin’ / Sam And Bill (Decca 32143)
11. Loser Again / Jackie Moore (Wand 11204)
12. I’ll Hate Myself Tomorrow / Bobby Williams (Sure-Shot 5016)
13. I’ll Cry / Judy White (Buddah 79)
14. I Stayed Away Too Long / The Wallace Brothers (Jewel 800)
15. Are You Lonely / Sisters Love (A&M 1259)
16. Lonely Intruder / Bobby Harris (Turntable 716)
17. We’ll Cry Together / Maxine Brown (Commonwealth United 3001)
18. Down On My Knees / Oscar Toney, Jr. (Capricorn 8005)
19. Drop My Heart Off At The Door / Barbara Hall (Innovation II 9162)
20. I Wonder / Bobby Womack (Keymen 102)
Tears On My Pillow / Frankie Gearing (Bound Sound 1004)
Is That Asking Too Much / Don Bryant (Hi 2131)
Easy As Saying 1-2-3 / Timmy Willis (Jubilee 5690)
Begging Just Ain’t My Bag / Dan Brantley (Federal 12556)
Here I Am Again / Ollie Nightingale (Pride 1021)

SHIGEMI MORISHIMA

01. Jimmy Vick & Victors / I Need Someone (Cherry 7888)
02. Jimmy Norman / Love Is Wonderful (Little Star 126)
03. Nathan McKinney / Weep No More (Ray-Co 526)
04. Sonny & Premiers / You Send Me (Chipam 100)
05. Buckner Brothers / A Change Is Gonna Come (Sanla 3001)
06. Benny Scott / One More Time (Brunswick 55428)
07. Dee & Joe / I Found A Love (Jubilee 5670)
08. A. B. White / Don’t Love Him Like You Love Me (T and L 601)
09. Mongo & McCall / So Help Me, Baby (Audio Arts 60008)
10. Louis Fergerson – Vivian Rivers / Your Love (Malverse 175)
11. Ernie K-Doe / You Got To Love Me (Sansu 1006)
12. Gus “The Groove” Lewis / Let The Groove Move You (Tou-Sea 131)
13. Five Towns / It Isn’t What You’ve Got (Evans 100)
14. Isonics / He Needs Her (Kammy 369)
15. Joe Dossett & Chattanooga Coachmen / You’ve Been Leading Me On (Mercury 72941)
16. Celebrity Four / Inspiration (Tangerine 1007)
17. Brenda Southall / I’m Just An Average Girl (Doin Our Thing 102)
18. Lloyd Williams & Highlights / Standing On The Side Line (Art 001)
19. Georgie Carmichael / Sweet Revival (Gambit 001)
20. Marva Whitney / Ball Of Fire (King 6229)
21. Mickey & Ernie / Baby I’m In Love (Hot Line Music Journal 1227)
22. New Way / Holding On (Prestige 109)
23. Jimmy Sterling / At Least I Tried (Ameri-Com 2008)
Wilson Williams / I Got A Whole Lot To Be Thankful For (How Big 202767)
Ella Washington / Stop Giving Your Man Away (Sound Stage7 2632)
Clarence Perry & Mercy Blues / Bring It On Home (Back Stage 102)
Johnny & Dolores / Little More Understanding (True Soul 121142)
Roy Head / I’ll Be Around (Dome 1)

KATSUAKI SANO

01. Wally Trash & Dollets / Do You Remember (D&L 2001)
02. Little Hulon Vining / I Don’t Have To Cry Anymore (Big Bee 516)
03. The Trey J’s / We Got A Thing Going On (Tee Gem 4044)
04. Jerry Woodard / Something I Ain’t Never Had (Chant 518)
05. Clark-Montague-Height / Running Away From Loneliness (Hi-Monty 3241/2)
06. Tyrrell-Willingham-Height / I’ll Never Hurt You (Hi-Monty 3241/2)
07. J Young – B Hill / One Girl (NaJma 604)
08. J. Young with The Fabulous Dobbs / The Mess (Na Jma 1210)
09. B. Hill with The Fabulous Dobbs / Wait For Me (Na Jma 1210)
10. Sammy Jones / Cinderella Jones (Wand 1158)
11. Betty Gouche / What More Can I Askl For (Hill 778)
12. Roscoe Robinson / She Won’t Choose Me (Gerri 1001)
13. Chuck Carter / A Teardrop Fell (Bedford 1001)
14. Little Ronnie Mudd / A Teardrop Fell (MalPass 101)
15. Little Ronnie Mudd / It’s All Right (MalPass 101)
16. Willie Gauff & Kind Brothers / It Hurt So Bad (Watts Way 201)
17. Prince Eddie / Mr. Nobody Is Somebody (Aztec 703)
18. Oscar Mack / I’m Glad It’s Over (Amy 11007)
19. Oscar Mack / I’ll Go On Lovin’ You (Tyrone 101)
20. Judy Stokes / Kiss Our Love Goodbye (Soul Power 10)
21. Little Joe Roman / You’ve Got A Love (Tuff 419)
22. Bill Coday / You’re Gonna Want Me (Crajon 48203)
23. Jimmy Thorpe / Don’t Let My Love (Task 8212)
Theron And Darrell / I Was Made To Love Her (Solo 1970)
Johnny De Vigne / Poor Boy (Tarx 012)
Joe Meriweather / There’s Nothin’ I Wouldn’t Do (Riot-Chous 256)
Little Soul / Don’t Let Me Waste My Time (S.S.39)
The Fabulous Moonlighters / I’ve Lost Again (Blue Eagle 1011)
Francine Carr / I’ll Always Be In Love With You (Youngstown 604)
Frank & Vivian / Over Here, Over There (Sen-Town 1006)
The Rayons / I’m Giving Up, Baby (Decca 732521)
06:49:18 | イベント | コメント(0) | page top↑
楽CD LAURA LEE : LOVE MORE THAN PRIDE + 8
2014 / 03 / 16 ( Sun )
Laura Lee / Love More Than Pride + 8 (Universal UICY 75988)

laura lee jp cd

ボビー・ウ―マックに続いて、ディープ・ソウル・ファンのベーシック CD を紹介。ローラ・リーは、私の最も愛する女性シンガー、チェスの 1000 円シリーズの 1 枚であります。
① から ⑪、72 年、Hot Wax でのヒットに便乗する形でリリースされた LP (Chess 50031) を曲順も同じくそのまま収録。①④⑥⑦⑩⑪ はシングルでリリースされていたもので、残り 5 曲は LP で初めて日の目を見た蔵出し曲。続く 6 曲がシングル曲、⑱⑲ は当時未発表曲となる。
なお、④ と ⑯ はジェリー・バトラーの曲でタイトルは違うが、同じ曲。ということで、このCDには同じ曲が重複して収録されている。
Chess のシングルは 7 枚 (Dirty Man の別バージョンを除く)、14 曲のうち1 枚目の Stop Giving Your Man Away / You Need Me (Chess 1989)、2 枚目の It’s Mighty Hard (Chess 2013) の3曲 (いずれもシカゴ録音) は未収録。録音場所だが、シカゴ録音が ①⑧⑨⑪⑲、フェイム録音が ②③④⑤⑥⑦⑩⑫⑬⑭⑮⑯⑰⑱ という具合。チェスの同タイトル LP は音が良くないので、ボーナス曲も入ったこのCD の発売はディープ・ソウル・ファンには朗報だ。なお、Dirty Man は最初にシカゴで録音されたが、どういう事情かフェイムで録り直されヒットしている。シカゴ・ヴァージョンがプレスされたシングルもあるので、ちょっとややっこしい。⑲ は P-Vine の 2 枚組 (楽 SOUL 245 ページ参照) 収録の 3 バージョンの最初のもの。歌い方もかなりダイナミックで、ギターがガンガン響く。私としては、より完成度の高いリリース・バージョンを収録してもらいたかった。
既に持っている Chess のローラ・リーの CD についても簡単に触れておこう。

laura lee chess cd
Laura Lee / The Chess Collection (Chess 983 229-4)
全 20 曲でチェスのコンプリート、さらにシカゴ録音の未発表曲 ⑪ Are You Doing Me Wrong を収録。なお、⑧ の That’s How It Is は初めにスタジオの音が入り、歌の部分は同じだが、先の日本盤 CD よりも音が厚い。一瞬、別ヴァージョンかと思ってしまった。

laura lee muscle shoals cd
Laura Lee / Irma Thomas Muscle Shoals Soul (Roots 33033)
これは珍しいかもしれない、1990 年にリリースされたオランダ盤。アーマ・トーマスとのカップリングでフェイム録音が 11 曲収められている。全曲、先の日本盤にも収録。これは私の愛聴盤、なんたって曲の並びがお見事。最初の 3 曲でローラ様の深情けにどっぷりつかってしまう。ジャケットには、Jimmy Johnson (ギター)、Roger Hawkins (ドラムス)、Spooner Oldham (キーボード) と記されており、Dirty Man と Uptight, Good Man は 67 年、残りの曲は 68 年の録音とされている。ただ、Uptight, Good Man はビルボードで、67 年 12 月 30 日に最高位 16 位となっており、シングルでこの曲とカップリングとなっている Wanted : Lover No Experience Necessary も 67 年の録音のはず。鈴木啓志さんは、ローラ・リーのバックは全てフェイム・ギャング (Dirty Man はドラムスのみフリーマン・ブラウン) と主張されているが、私は、少なくとも 67 年の 3 曲についてはロジャー・ホーキンスたちという気がするのだが。68 年録音については、私の耳では良く分からない、あまりここら辺をほじくってもしょうかないです。最高のシンガーと最高のミュージシャンが最高の場所で出会った結果、奇跡のような素晴しい歌が聴けるというだけで充分。
なお、楽 SOUL 掲載の Laura Lee / Up Tight Good Woman (P-Vine PLP 6017/6018) について補足、この 2 枚組でしか聴けないのは、フェイム録音では Another Man’s Woman の別ヴァージョン、シカゴ録音では Meet Love Halfway と I Don’t Need You の未発表 2 曲。また、Dirty Man のシカゴ録音のリリース・ヴァージョンが聴けるのはこれだけだと思って、D-5 を聴き直したら、困ったことに微妙にテイクが違っていますね。

laura lee dirty man
Laura Lee / Dirty Man (Chess 2013) 1967
上がフェイムで下がシカゴ。フェイム録音でスカイ・ブルーのレーベルのものもあるので注意、レーベルの真ん中が凹んでいて、Rick Hall のクレジットが無いものがシカゴ録音。昔は、断然シカゴの方が好きだったが、最近はフェイムも捨てがたく、けっこう聴いている。
laura lee sparation line
Laura Lee / Separation Line (Cotillion 44054) 1969
Chess と Hot Wax の間に Cotillion で 2 枚のシングルがある。これは Johnnie Taylor の名唱で知られる曲 (LP Stax 2023 収録、シングルは無し) で、ジョニー・テイラーの方が先の録音のようだ。Dave Crawford のプロデュースでマイアミ録音、あまり聴かれていないかもしれない。歌は流石、でも、バックサウンドとの兼ね合いも良く、噛みしめるように歌う JT に比べると、一歩譲る出来かな。裏の What A Man は白人女性シンガー Linda Lyndell (Volt 4001) のカバー。
01:22:16 | もっと楽ソウル | コメント(0) | page top↑
SOUL DEEP 3 @ BLUE HEAT
2014 / 03 / 08 ( Sat )
SOUL DEEP 3 @ BLUE HEAT

「最近、穏やかになったね」 と言われませんか。ディープ・ソウルにご無沙汰なあなた、お待ちしています。

3月22日 (土) open 17:30 start 18:00
SOUL DEEP 3 @ BLUE HEAT
場所: BLUE HEAT 新宿区舟町7番地 舟町ビル B1F
PHONE 03-3355-7799
DJ : 佐野勝明、森島繁美、新井崇嗣
NO CHARGE (要ドリンク代)
※ 来場者の方には CD のプレゼントあります。

楽 SOUL 主催のレココン、翻訳家の新井さんは初登場です。
良い音で SOUL MUSIC を楽しむ集まり、ソウルが好きな方ならどなたでも大歓迎。
初めての方でも楽しめるよう努めておりますので、お気軽にお寄りください。
ところで今回、私、ある女性シンガーのシングルをかけます。
最近、幸運に手に入れたもので、ほとんどの人が聴いたことのない珍しい音源と思います。
内容も文句無し。是非、その筋の人もお待ちしています。


BLUE HEAT 140322
03:56:03 | イベント | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。