エリナー・ファージョン 「本の小べや」
2014 / 07 / 31 ( Thu )
小学生の頃は、図鑑や百科事典が好きで、勝手に自分のライフ・ワークと思い込んでいた考古学や天文学の本は同じものを頁が擦り切れ表紙がボロボロになるまで飽きることなく読み返していた。そんなことで、児童向けの図書を読んだ記憶はわずかで、「小公子」 「小公女」 「宝島」 といった定番くらいしか思い出せない。読書の愉しみを知るようになったのは、中学校に入ってから、どこをどうしたものか、いつの間にか理科系人間から文科系人間になっていたのだ。高校、大学と、読み物に対する欲求は果てしなく、ミステリ、SF、ファンタジー、ホラーと主流文学から外れたところを乱読、ロード・ダンセイニ、デ・ラ・メア、ウィリアム・モリス等に出会い、マルセル・エイメやイタロ・カルヴィーノ、カレル・チャペックの子供向けの小説も楽しく読んだ。遅ればせながら、中年親父には場違いな図書館の児童書コーナーにも足を運ぶようになった。そして、児童文学として扱われているもので、大人が読んでも感動できる、否、大人こそ読むべき本や作家があることを知った。今回はそんな素晴しい作家エリナー・ファージョンの 「本の小べや」 という短編集を紹介したい。

エリナー・ファージョン (1881~1965年) はイギリスの女流児童文学作家。岩波書店から 「ファージョン作品集」として、「年とったばあやのお話かご」 「イタリアののぞきめがね」 「ムギと王さま」 「リンゴ畑のマーティン・ピピン」 「ひなぎく野のマーティン・ピピン」 「銀のシギ」 「ガラスの靴」 の代表作 7 冊が刊行されている。

honnokobeya.jpg
「本の小べや」 (「ムギと王さま」「天国を出てい行く」) (石井桃子訳、岩波少年文庫)
岩波の作品集で 「ムギと王さま」 として出ていた短編集を少年文庫に収録するにあたり、タイトルを原題である 「本の小べや」 に改題し、2 分冊としている。なお、「ムギと王さま」 には抄訳本もあるので、作品集の完訳本かこの少年文庫 2 冊で読まれることをお勧めしたい。
70 歳を過ぎたファージョンが、それまで書いたお話のうちから 27 編を自選して編んだ短編集。子供が主人公だが、寓話的なもの、現実の子供の生活をもとにしたもの、昔話風なものとバラエティーに富んでいる。「ムギの王さま」 は時空を超えた不思議な話、豊かさとは何かを問うている。ファージョンらしさというか、私の好きなファージョンは、王さまとか王女さまが出てくる話よりも現実の子供たちが出てくる作品。中でも、「サン・フェアリー・アン」 には涙があふれてしょうがなかった、美しいささやかな奇跡のお話だ。「《ねんねこはおどる》」 に登場する 10 歳と 110 歳のグリゼルダも忘れ難い。「貧しい島の奇跡」 「モモの木をたすけた女の子」 のようなお話を読むと、ペシミストには子供たちのための本は書けないだろうなと思ったり。「ヤング・ケート」 「名のない花」 といった美しい掌篇、滑稽な 「天国を出ていく」、子供の純心を描いた 「コネマラのロバ」 や小さな冒険譚 「十円ぶん」 も楽しい。「しんせつな地主さん」 も深いテーマで考えさせられる。やはり、この本を読んで本当に良かった思ったのは、「サン・フェアリー・アン」 に出会えたことかな。私には子供もいないし、子供と接することも無い、そんなこともあって、子供たちの存在というのは随分遠くにあって普段は考えたりすることも無い。そんな男が 「子供たちは自由で伸び伸びと遊び学ぶ権利がある。大人たちはそのために努力する義務がある」、子供というのは大人たちが命懸けで守らなければならないかけがえのない存在なんだと心から思い知ったのである。

さらにもう1冊
machikadono jim
「町かどのジム」 (松岡享子訳、著者の表記はエリノア・ファージョン、福武文庫、童話館出版)
8 歳の少年デリーと 80 歳の老人ジムとの友情を描いた作品。「ゆり木馬号」の船乗り (キャビン・ボーイ) だったジムがデリーに語り聞かせる 8 つの不思議な物語、そして、思わずホロリとくるエピローグ。デリーが夢中になるジムの冒険物語は、大人の私でさえ楽しくて面白くて。「みどり色のネコ」「ペンギンのフリップ」「九ばんめの波」など、動物が出てくるお話が特に好きだ。老人と子供が仲良く一緒に暮らせる世界というのが幸せな理想なのかもしれない。
01:26:54 | MY FAVORITE THINGS | コメント(0) | page top↑
おれのノーザンソウル @ BLUE HEAT / PLAY LIST
2014 / 07 / 21 ( Mon )
たくさんの方のご来場、ありがとうございました。
次回の BLUE HEAT は9月14日(日、翌日祝日)、ONE MAN DJ やります。
「楽ソウルシェフが、ソウル・ミュージックのフルコースでおもてなし」 よろしくお願いします。

TERAO

01. Bobby Wommack / Find Me Somebody (Atlantic)
02. Bobby Womack / What Is This ? (Keymen)
03. Bobby Womack / Nothing You Can Do (Him)
04. Eddie Hill / I Can’t Help It (Ge Ge)
05. Eddie Hill / Baby I Cried (Thelma)
06. Eddie Hill / Nothing Sweeter (M-S)
07. Fantastic Epics / Let’s Get Together (Kelton)
08. The Enchanters / There’s A Look About You (Tee Pee)
09. The Topics / If Love Comes Knockin’ (Chadwick)
10. Tony Hestor / Just Can’t Leave You (Karate)
11. The Shades / Someone I Can Love (BLK)
12. Dave Charles / Ain’t Gonna Cry No More (Donnie)
13. Demon Brothers / Uh Huh (Quinvy)
14. Servicemen / Are You Angry (Wind Hit)
15. Bobby Kline / Say Something Nice To Me (MB)

SHOZO SASAKI aka SHARK

01. Eddie Parker / I Need a True Love (Triple' B)
02. Bobby Treetop / Wait Till I Get to Know Ya (Tuff)
03. Earl Grant / Hide nor Hair (Decca)
04. Willie Kendrick / Change Your Ways (RCA)
05. Lorraine Chandler / I Can't Hold On (RCA)
06. Lorraine Chandler / I Can't Hold On (UK Kent Piper 001) unissued original version
07. The Dynamics / I Need Your Love (RCA)
08. Lorraine Chandler / Tell Me You're Mine (RCA)
09. The Exits / I Don't Want to Hear It (Gemini)
10. Morris Chestnut / Too Darn Soulful (Amy)
11. Tommy Bush / I Don't Like it/ (Rika)
12. Toni & The Showmen / Try my Love (Ten Star)
13. Jimmy Burns & The Fantastic Epics / You're Gonna Miss Me When I'm Gone (Tip Top)
14. Billy Wells & The Invaders / This Heart These Hands (Sweet Soul)
15. Billy Hambric / She Said Goodbye (Drum)
16. James Fountain / Seven Day Lover (Peachtree)
17. The Collection & The Civics / I'll be There (Soul Train)
18. The Startoliners / What Do You Want With My Love (Federal)
19. Patti Austin / Didn't Say a Word (Columbia)

MASKMAN

01. Reggie Soul / My World Of Ecstasy (CAPRI)
02. Geno Washington & Ram Jam Band / I've Been Hurt By Love (UK.PICCADILLY)
03. Volumes / I Just Can’t Help Myself (AMERICAN ARTS)
04. Johnny & The Expressions / Boys And Girls Together (JOSIE)
05. The Marquee Review / What Good Tomorrow (PACIFIC AVENUE)
06. Soul, Inc. / What Goes Up Must Come Down (EMBLEM)
07. Enchantments / I'm In Love With Your Daughter (FARO)
08. Nancy Ames / I Don’t Want To Talk About It (EPIC)
09. Becky & The Red Pony / I Get The Same Old Feelin’ (BARNABY)
10. Samantha Jones / Go Ahead (FORD)
11. George Carrow / Angel Baby (COLUMBIA)
12. Anglos / Since You’ve Been Gone (SCEPTER)
13. Rochelle / I Want Give You My Everything (AMARET)
14. Spontanes / Where Did I Go Wrong (UNITED ARTISTS)
15. Lack Of Afro / Recipe For Love (FREESTYLE)

Shigemi Morishima

01. Jackie & Umpires / Cool Party (Sew City 107)
02. Gloria Lynne / You Don’t Have To Be A Tower Of Strength (Everest 19428)
03. Frank Beverly & Butlers / If That’s What You Wanted (Sassy 1002)
04. Brice Coefield / Ain’t That Right (Omen 10)
05. Reggie La Mont / Call On The One Who Needs You (Mamie’s 101)
06. Moses Dillard & Dynamic Showmen / Pretty As A Picture (Mark V 40-26)
07. Betty Lloyd / I’m Catching On (BSC 401)
08. Don Gardner / Is This Really Love (Cedric 3003)
09. Sharon Scott / (Putting My Heart Under) Lock & Key (UK Kent 6T 12)
10. Lon Satton / Do You Need My Love To Get Better (UK CBS 2016) 74
11. Willie Brown / I Think I’ll Fall In Love (Tri-Som 910)
12. Louis Curry / You’re Just Plain Nice (Reel 251)
13. Jimmie “Bo” Horn / I Can’t Speak (Dade 235)
14. High Keys / Living A Lie (Verve 10423)
15. High Keys / Let's Take A Chance (Verve 10423)

KATSUAKI SANO

01. Al Gardner / Sweet Baby (Sepia 2)
02. The Appreciations / It’s Better To Cry (Sport 111)
03. Joseph Moore / I Still Can’t Get You (Mar-V-Lus 6008)
04. Honey and the Bees / Two Can Play The Same Game (Academy 114)
05. Ann Byers / I’m Happy Without You (Academy 124)
06. Kenny Wells / Isn’t It Just A Shame (New Voice 812)
07. The Trends / Thanks For A Little Lovin’ (ABC 10993)
08. The Sensations / Demanded Man (Way Out 2005)
09. Bud Harper / Wherever You Were (Peacock 1932)
10. The Mark-Keys / My Sweet Baby (TCB 1447)
11. Timi Yuro / It’ll Never Be Over For Me (Southern Artist) from LP, UK Liberty 15182
12. Gary Sole / Holdin On (Knight 102-38)
13. William Cummings / Make My Love A Hurting Thing (Bang Bang 348)
14. Kenard / What Did You Gain By That ? (Dore 849)
15. Vanguards / Good Times Bad Times (Lamp 94)
The Stoppers / Come Back Baby (Jubilee 5528)
Ken Williams / Come Back (Okeh 7303)
Kenny Hamber / Let’s Do That Camel Walk (Mean 200)
Joe Matthews / Is It Worth It All (Thelma 104)
Cody Black / I’m Slowly Molding (King 6148)
Cody Black / Keep On Keeping On (King 6148)
Sonny Herman / What About Me (Utopia 601)
Vikki Styles / The Tears Won’t Stop Falling (Odex 1043)
Pamela Beaty / Talking Eyes (Tip 1018)

俺様じゃないノーザンソウル
Mel Britt / She’ll Come Running Back (Fip 650)
Silhouettes / Not Me Baby (Goodway 101)
Paris / Sleepless Nights (Doc 102)
Herb Ward / Strange Change (Argo 5510)
Ernest Mosley / Stubborn Heart (La-Cindy 225)
Danny Monday / Baby, Without You (Modern 1025)
Ree Flores / Look Into My Heart (M&H 9343)
01:24:30 | イベント | コメント(0) | page top↑
SOUL 45 MY COLLECTION 1
2014 / 07 / 14 ( Mon )
楽ソウルを書いていた時点でコレクションに無く、その後手に入れたシングル盤、とくに楽本ではさらっとした紹介となっているものについて、何枚か取り上げます。

1smokey 007 sonesta
Smokey 007 & The Exciters / I’m Sorry, Please Accept My Apology (Sonesta 9889)
内緒にしたい気持ちをぐっとこらえて、楽本でバラしたもの。入手不可能盤の筆頭だったが、品行方正にしていたおかげか、手に入れることができました。Birland 盤よりも思いつめた感じ、さらにオーティスっぽいかな、跪いて涙というやつ。これもバックの音がしっかりしている。ジャマイカン・ディープ・バラードの最高峰と言ってしまおう。
2veda brown
Veda Brown / I Had A Fight With Love (RAV 16) ‘77
皆さん、Stax 音源の CD アルバム (Judy Clay とのカップリング、Kent CDKEND 302) はお聴きになっているでしょうね。RAV はメンフィスのレーベル、Ann Sexton と競作となったサザン・ダンサー、プロデューサーは Stax のシングルも手掛けていた Larry Robinson でマッスルショールズ録音。楽本でも褒めちぎっているけど、フリップ・サイドの Play Brother, Play Sister についても書いておかないといけない。静けさの中に響き渡る歌声、優しく包み込むような、それでいて力強いボーカルに涙してしまう。美しいバラード・ナンバー、思わず拝んでしまった。いや~有難いです。
3roscoe robinson just ask
Roscoe Robinson / Just Ask The Lonely (Gerri 1001)
69 年頃の作品か、Soulscape の CD アルバムで Atlantic 盤はバーミンガム (アラバマ州) 録音と判明したが、これもその近辺の録音でしょう。言わずと知れたフォー・トップスのカバー、HDH が書いた名曲だ。テンポよくアレンジメント、一途でひたむき、力強くいたわるような熱唱に心が震える。もう痺れっぱなし、近頃では、Darling, Please Tell Me (SS7 2595) とこの曲がロスコーのヘヴィ・ローテーションだ。フリップの She Won’t Choose Me も伸びやかなボーカルに癒されるミディアム・バラードで、こちらも聴き逃せない。AB面ともに Soulscape の CD に未収録というのが残念。
4sonny fishback
Sonny Fishback / I Won’t Take Back These Words (Out-A-Site 5009)
Tou-Sea と Peacock にシングルがある Sonny Fisher が改名して Fishback に、Epic の Sonny & Diane もこの人だ。NY、ニュージャージあたりのシンガー、楽本でもちょっと触れたけど、このシングルはレアレスト・オブ・レア。地を這うようなアーシーでサッドなディープ・バラード。力の限り目いっぱいというのが伝わってきて、歌の上手いシンガーでは味わえないスリルと興奮がありますね。さらに、フリップの Heart Breaking Man も凄いことになっている。異様な熱気に満ちたリズム・ナンバー、イギリスでは断然こちら。実は、この盤には 2 種類 (レコード番号同じ、盤の右側のクレジットが若干相違) あり、Heart Breaking Man のテイクが違う。テンポの速いのと少しゆったりのもの、私の持っているのは速い方。贔屓目もあって、ドラムスの活躍がめざましく、ラストで強引な盛り上がりを見せるマイ・ヴァージョンの方が好き。GoldmineのCD “ For Millionaires Only 4 “ で聴けるのはテンポの遅い方。
5tyron edwards
Tyron Edwards / You Did It (Olam 1001)
Invictus のタイロン・エドワーズ、長年のウォンツだった Olam 盤。デトロイトの往年の勢いは無いものの、ファンキーでガッツイな歌いっぷりには大枚はたいた己を納得させてくれるだけのものはある。81 年にリリースされた Exportations の Vir-Ro 盤も挙げておこう。ライター・クレジットを見てほしい。Olam 盤では T.Edwards となっているところが、Tony & Tyrone の Tyrone Pickens となっていますね。
6loyd hendricks statue y
Loyd Hendricks & The Lost Souls / Don’t Cry No More (Statue 7000)
辛い思い出の一品、これで何とか立ち直れました。Bobby Bland のカバー、フリップの Hooked By Love は Homer Banks の曲。アップとミディアム、がむしゃらで勢いのある歌いっぷりにニンマリ、ダンスが苦手な私でも、浮かれて踊りだしそうになっちゃう。
7wind.jpg
C.P. Love / Spiritual Love (Moon Wind 001)
80年代に入ってからの録音だろう。厳しい激しい熱いディープ・ソウルは星の数ほどあれど、これほど優しいディープ・ソウル・バラードを私は知らない。黒レーベルもあり。
8lee harvey false pride
Lee Harvey / False Pride (Kris 111) ‘66
Kris レーベルのコレクション (CDKEND 162) にも未収録で、見逃してしまったシングル盤。このシンガーのものでは一番 Sam Cooke っぽいかもしれない。ゆったりおおらかに歌われたミディアム。ただ、私の所有物は音がこもった感じであまりプレスが良くない。ウラの Need Of Love はさらに確信的にサム・クック。そう言えば、この曲、サムの従兄妹の Cookie Jackson (Kris 8082) も歌っています。
9willie gauff watts
Willie Gauff & Kind Bros. / It Hurts So Bad (Watts Way 201)
Eureka 盤はベーシック、Kent 盤もディープ・ファンならマスト・アイテム。お次の目標となるこの Watts Way のシングルは少し無理をしないと難しい。先の 2 枚も文句無しなので、内容が気になるところ。Kent 盤同様メンバーによる自作曲、負けず劣らずのディーペスト・バラード。コーラスにシャウトもからみ、がらがらへとへとな熱唱に、体育会系のディープ・ソウル・ファンなら悶絶間違い無し。この曲は The Naturals (Watts Way 1201) という別グループもやっていて、Willie Gauff ほど体力は使っていないが、そちらも悪くない。
10dale darby la central
Dale Darby / Don’t Put Our Love Off Another Day (L.A. Central 100) ‘73
楽本執筆時点で、このシングルの存在を知らず、失礼してしまった。声も歌い方もちょっと硬め。Praise The Woman (Westgate 201) も激辛で好きだけど、最近はこちらのこみあげ系のミディアムに参っている。曲の良さもあって、思わずこぶしを握ってしまうあっぱれディープな歌いっぷりだ。
11david dee time
David Dee / Forgive Me Girl (T-I-M-E 324)
これも、知らなかったブツ、地元セントルイスで自主製作されたシングルのようだ。手作り感が生々しい。ちょっとブルージーでスローなディープ・バラード、出来が良いとは言いかねるが、有無を言わせぬドス黒い空気が漂う。Vanessa 盤よりも後かな、リリース年は全く見当がつかない。ウラの Every Loving Man は粘り腰のリズム・ナンバー、かなりイケてます、バラードよりこちらなんだけど、録音状態がよろしくないせいか、バックの音に覇気が無いのが惜しい。
12sam baker copa
Sam Baker / So Long (Copa 200)
当ブログで Soulscape のCDアルバムをレビューした時に、ちょっと触れたデビュー・シングル、60 年頃のリリースのようだ。Copa はサム・ベイカーの故郷ミシシッピ州ジャクソンのローカル・レーベル。41 年の生まれだから、まだ未成年、自作となる So Long、ドゥーワップ・バラードの残り香も、ソウルと言うにはまだ青臭いが、甘酸っぱくてロマンティックなところが気に入っている。フリップの Crazy About You Baby はジャンプ・ブルース、ギターのリフも心地よく、しなやかなボーカルが素晴しい。
13harrison bros
The Harrison Bros / Are You Sincere (ABC Paramount 90 938 FRANCE) picture cover
Bobby HarrisとJimmy Harris (Jimmy Harrison) の兄弟デュオ。2 年半くらい前の冬の頃だっただろうか、あの Lenny Curtis (END 1127) が Jimmy Harris の変名であったというニュースが日本のディープ・ソウル・ファンを驚かせたのは。ちょうどその頃、ブルーヒートのレココンで高澤さんがかけてくれたのがこのフランス盤、これにもびっくり、4 曲収録で I Feel Good と Are You Sincere の 2 曲が初めて聴く曲。前者のダンス・ナンバーも悪くないが、クック・テイストにあふれた後者のゆったりとしたバラード・ナンバーが流石の出来。まあ、この兄弟にはどうしても凄いものを期待しちゃうので、それほどでもと言われるかもしれない。ここで注目していただきたいのは、この 2 曲のライター・クレジット。Benny Hall と Robert Bateman、これは Lenny Curtis の END 盤のライター、プロデューサーと同じなんですね。そう言えば、Beautiful Lies (ABC-Paramount 10593) のライターもこの 2 人だし、Run For Your Life (Bobalou 1001) はロバート・ベイトマンがらみのデトロイト録音であったことを考えれば、Jimmy Harris = Lenny Curtis ではと気付いても、おかしくなかったはず。相変わらず感の悪さを痛感。なお、この仏盤の 2 曲は米盤がありません。私はちょっと騙された感じで、高く買ってしまった。後悔はしていませんが、あまり熱くなってはいけませんね。
14timi yuro
Timi Yuro / Cuttin’ In (Mercury 72674) ‘67
Timi Yuro / It’ll Never Be Over For Me (Southern Artist) ‘68
楽本では、HI 録音の Frequency 盤と What’s A Matter Baby (Liberty 55469) について紹介した有名白人女性シンガー。さらに、この2枚を追加。Mercury 盤はディープ・ファン必聴、Liberty 音源となる後者はノーザン・ファンなら絶対の曲だ。Cuttin’ In は 61 年の Johnny Guitar Watson (King 5579) のカバー、オリジナルのダウンホームな味わいもそのままに、やさぐれた中にも凛とした覚悟あり。It’ll Never Be Over For Me は 64 年の Baby Washington (Sue 114) の曲をテンポ・アップ、モダンでソフィスティケイトされたダンサーとなっている。こういうのは 10 回連続で聴いても飽きません。Mercury のシングルは安価で入手できるはず、後者は LP 収録曲、米盤シングルは無いが、当時、UK 盤 (Liberty 15182) がリリースされている。そのシングルは珍しく、この何ともありがたくないブートレグで我慢しております。
21:02:46 | SOUL 45 | コメント(0) | page top↑
おれのノーザンソウル @ BLUE HEAT
2014 / 07 / 03 ( Thu )
おれのノーザンソウル @ BLUE HEAT

本場イギリスとは一味違った俺様ノーザン、乞うご期待

7 月20日 (日、翌日祝日) open 17:30 start 18:00
場所 : BLUE HEAT 新宿区舟町 7 番地 舟町ビル B1F
PHONE : 03-3355-7799
DJ : 佐野勝明、森島繁美、MASKMAN、佐々木正三、寺尾康
NO CHARGE (要ドリンク代) 

今回もアルツハイマー・オールスターズが DJ を務めさせていただきます。
良い音で SOUL MUSIC を楽しむ集まり、ソウルが好きな方ならどなたでも大歓迎。
初めての方でも楽しめるよう努めておりますので、お気軽にお寄りください。

BLUE HEAT 20140720 h

16:41:04 | イベント | コメント(0) | page top↑
楽シネマ 「黄金のメロディ ~ マッスル・ショールズ」
2014 / 07 / 02 ( Wed )
先週の木曜日、「黄金のメロディ ~ マッスル・ショールズ」 の試写会に行ってきました。

サザン・ソウル・ファンにとっては、フェイムの音はハイやスタックスのメンフィス・サウンドと同様、特別なものである。そこで作り出される曲には聴く者を虜にする絶妙な味付けがされている。優れた料理人たちは誰なのか、どんなレシピなのか、そんなことは知らなくても、出来上がったレコード盤を聴けば、おいしく音楽をいただくことはできるのだが、いったいどんな人間たちが関わっていたのかどうしても知りたくなる。それは、知識欲からの興味ではなく、素晴しい音楽を残してくれた人たちへの尊敬と感謝の気持から自然にわき上がってくるものだ。シンガーやソング・ライター、バックのミュージシャン達と比べると、フェイム・スタジオの創始者であるリック・ホールは影のような存在で、きちんとしたイメージを持っていなかった。この映画では、リック・ホールその人が目の前に大きく立って、落ち着いた静かな声で、音楽関係の話ばかりでなく、幼少の頃の思い出や父親のこと、自動車事故で妻を失った悲しみなど立ちいったことまで話してくれる。
「スウィート・ソウル・ミュージック」 等の資料で知っていたフェイムの歴史を覆す新事実などはなく、インタビューと映像でおさらいをしているような感もあるが、当事者たちの表情と言葉には温かい懐かしみがある。あまり好きではなかった 「パッチズ」 という曲も、リック・ホールがこだわって録音した理由を知って、印象ががらりと変わった。彼の人柄を知って、ジェリー・ウェクスラーが自分の思い通りになるスタジオがほしかったのも納得できた。エタ・ジェイムズは 「泥にまみれて歌う覚悟でマッスルショールズに行った」 みたいなことをおっしゃっている。私は、エリートのアレサよりもエタの方が好きだ。キース・リチャ―ズは最高にかっこ良かったね、こんな渋い親父になりたかった。マッスルショールズは今も昔も森と川からなる自然豊かな場所、その映像は思わず息をのむ美しさだ。車はちょっと出てくるけど、ビルのような立派な建物はまったく出てきません。
リック・ホールがマッスルショールズという土地と自身のスタジオを深く愛していたことがじんわりと伝わってくる。自分の人生をリジェクション(拒絶)との闘いだったと語っているように、この映画は、頑固に己の信念で音楽を作り続けたリック・ホールという一人の男の物語である。音楽だけではなく、そこに関わった人間に興味のある方には必見の映画だ。

マッスルショールズ映画1
02:27:43 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |