ハードボイルド考 : 「拳銃(コルト)は俺のパスポート」 「殺し屋」 「裏切りの街」
2014 / 09 / 26 ( Fri )
「非情でなければ生きていけないが、一度も情にほだされたことが無いようじゃ、生きていたってしょうがない」※、若かりし頃はこの言葉に痺れたもので、これを持って、ハードボイルド論を展開する人も多いようである。ハードボイルドとは 「固茹で卵」 のこと、英米語のスラングで 「したたかな、抜け目のない、一筋縄ではいかない」 という意味だ。アメリカのパルプ・マガジン 「ブラック・マスク」 でデビューしたダシール・ハメットやレイモンド・チャンドラーの行動派探偵小説が、主人公のキャラクターやその文体からハードボイルド・ノヴェルと言われるようになり、この言葉が小説や映画などで広く使われるようになった。私の抱くイメージは、精神的に強じんで妥協を許さないといった感じだろうか。小説作法としては、感情を露わに表現せず、文章は会話と行動が中心。「感情を露わにしない」 という点では、わが愛するソウル・ミュージックとは真逆なところが面白い。冒頭の感傷的なニュアンスを含んだフィリップ・マーロウのセリフはハードボイルドの本質を見誤らせるもので、大人になってもこんな言葉に執着しているようではいけないというのが現在の心境だ。とは言え、ハードボイルドのなんたるかは、人それぞれ。ここでは私がこれぞ極めつけにハードボイルドだと思っている映画と小説を紹介したい。
※ 清水俊二訳は 「しっかりしていなかったら、生きていられない。やさしくなれなかったら、生きている資格がない」

拳銃は俺のパスポート
「拳銃(コルト)は俺のパスポート」
1967 年、日活、野村孝監督、宍戸錠主演。ハードボイルド映画の最高峰という世評に違わぬ傑作。ヒットマンの宍戸錠と相棒のジェリー藤尾は暴力団から命を狙われ、国外脱出を図る。追いつめられてやって来たのが船員たち相手の食堂兼旅館の渚館だ。おばさんの武智豊子と女給の小林千登勢が 2 人で切り盛りしている。小林は宍戸を狙う暴力団幹部の元女、どん底の生活から抜け出せないでいる。袋の鼠となった彼らを助けるべく、彼女は知り合いのだるま船に手引きをする。最後の展開は不自然なところもあるが、そんな不都合やプロットの弱さを消し去ってしまうほどの魅力がこの映画にはある。宍戸は言葉数も少なく、必要最小限、ヒロインの小林千登勢も幸薄そうでほとんど無駄口はたたかない。そんな 2 人がふと見せる優しい顔が貴重でこの上なく大切なものに思える。桶の水に映った女の顔が一瞬笑顔になる 42 分 20 秒、彼女に対して男の表情が和らぐ 48 分 45 秒、映画でしか味わえない至福の瞬間である。モノクロの画面は美しく静かで詩的な雰囲気、そして一転、ラストの銃撃戦は日本映画アクション史に残る名シーンだ。小林とジェリーを船上に残し、宍戸が敵に向かう場面等々、ウエットになる要素いっぱいなのに、そういった水っぽさは微塵もない。

ある殺し屋
「ある殺し屋」
1967 年、大映、森一生監督、私の大好きな市川雷蔵様主演。表の顔は小料理屋の主人、裏では殺しの請負人である雷蔵さんに、あばずれ女の野川由美子とヤクザの成田三樹夫が絡んで、組織から麻薬を強奪するお話。感情を露わにしない雷蔵さん、プロフェッショナルぶりも凄まじく、そんな徹底した人間が、成り行きとは言え、どうしようもなく面倒くさい野川と、どうしようもなく胡散臭い成田と組んで仕事をするというところが面白い。2 人のことは承知のうえ、裏切られても許しちゃう、これはハードボイルドなイエス・キリストだ。モラリストのアウトローという私好みのヒーローでもあります。3 人の関係が徐々に分かってくるところなど、ストーリーの運びもおしゃれ。カメラは宮川一夫でまことにスタイリッシュ、音楽のセンスもなかなかだ。小料理屋の女中で小林幸子さん (14歳) も出ているよ。

ポール・ケイン 裏切りの街
「裏切りの街」
河出文庫、1932 年、「ブラック・マスク」 に連載されたポール・ケインの唯一の長編。ハメット (1929 年デビュー) とチャンドラー (1934 年デビュー) を別格とすれば、最強最良のハードボイルド小説といっても過言ではない。腐敗した都市を舞台に繰り広げられる一匹狼の渡世人とギャングたちとの命懸けの攻防戦。主人公のケルズのタフさは筋金入り、心だけでなく身体も、手負いになってますますアドレナリンが出てくるって感じだ。援軍は 2 人、最強の助っ人ボーグと信頼厚き友ビアリ、流れ者の女グランギストも絡んでくる。場面の展開も速く、客観描写に徹したからからに乾いた文章だ。登場人物が多く、二転三転の展開でどんどん話が進んでいって、ちょっと混乱するが、途中から物語がぐっと収斂し、さらに加速するところが凄い。非情なる結末、これはヒーロー小説なんかではなく、過激なるハードボイルド・ノワールだ。もっと評価されるべき作家、しかし作品が少なすぎる。本作の他、5 年間の活動期間で 12 篇の中短篇のみ、翻訳されているのはそのうちの数篇だ。

紹介した映画 2 本とも同年 (1967 年) の公開で主人公が殺し屋、書こうと思って初めて気がついたが、原作者も同じく藤原審爾さん (「逃亡者」 と 「前夜」) である。なお、宍戸錠さんの愛用拳銃はコルトではなくベレッタ、どうしてこんなタイトルになったのかは不明だ。
洋画ではハンフリー・ボガートよりもマレーネ・ディートリッヒにハードボイル魂を感じる。「上海特急」 におけるハードボイルド的恋愛論なんていうのも面白いかもしれない。
最近、ダシール・ハメットを再読して、作家としての凄実に参っている。フィリップ・マーロウは私の永遠のヒーロー、チャンドラーは長編も良いが、中短篇にも強い愛着がある。この 2 人についても、何か書いてみたいね。
12:13:07 | MY FAVORITE THINGS | コメント(0) | page top↑
ONE MAN DJ @ BLUE HEAT / PLAY LIST
2014 / 09 / 15 ( Mon )
たくさんの方のご来場、ありがとうございました。
次回は 11 月 23 日 (日、翌日祝日)、SOUL DEEP 4 やります。

01. New Invictors / Deeply In Love With You (Hale 500) from CD “Georgia Vocal Groups”
02. Johnny Mae Mathews / I Have No Choice (Big Hit 105)
03. Maxine Brown / Am I Falling In Love (ABC-Paramount 10370)
04. The Rockmasters / Raining Teardrops (Romulus 3003)
05. 4 Hollidays / Deep Down In My Heart (Master 3001)
06. Alex Spearman / Please Baby Please (Dover 4104)
07. The Embraceables / Come Back (Dover 4101)
08. The Miracles / Heartbreak Road (Tamla 5409)
09. Tammi Terrell / This Old Heart Of Mine (Motown 1138)
10. Four Tops / I Like Every Thing About You (Motown 1096)
11. Gladys Knight & The Pips / Your Old Standby (from LP Feelin’ Bluesy)
12. The Temptations / Since I Lost My Baby (Gordy 7043)
13. The Spinners / It’s A Shame (V.I.P. 25057)
14. The Caesars / Girl I Miss You (Lanie 2002)
15. The Four-Gents / Young Girls Beware (Oncore 83)
16. The Charmels / Please Uncle Sam Send Back My Man (Volt 142)
17. Diplomats / Love Ain’t What It Used To Be (Wand 195)
18. The Artistics / This Heart Of Mine (Okeh 7232)
19. The Manhattans / Love Is Breakin’ Out (Carnival 542)
20. Sandell’s / Darling I’m Yours (Daran 221)
21. The Trends / No One There (ABC 10881)
22. The Epitome Of Sound / You Don’t Love Me (Sandbag 101)
23. The Bells / Words Can’t Explain (Mirwood 5505)
24. International “G.T.O’s” / I Love My Baby (Rojac 1007)
25. Jimmy Hughes / Why Not Tonight (Fame 1011)
26. Norm West / Hey Little Girl (M.O.C. 664)
27. Clarence & Calvin / Step By Step (Atco 6362)
28. Charles Gray / I Found A Love (Village 103) Les Watson & The Panthers
29. James Carr / Forgetting You (Goldwax 311)
30. Spencer Wiggins / This Love Is Gonna Be True (unissued) from CDKEND 340
31. Ann Peebles / Trouble, Heartaches & Sadness (Hi 2205)
32. Otis Clay / Let Me Be The One (Hi 2226)
33. Candi Staton / Heart On A String (Fame 1460)
34. Richard Marks / Ups And Downs (Note 7211)
35. Jimmy Thorpe / Don’t Let My Love (Task 8212)
36. Johnny Truitt / Your Love Is Worth The Pain (A-Bet 9433)
37. Herman Hitson / You Are Too Much For The Human Heart (Atco 6566)
38. Chapter One / Let Me Down Easy (20th Century 2321)
39. Child’s of Friendship Train Robbers / Jackie (Natural 1516)
40. Thompson Brothers / I Saw The Light (WMOT WS8 5353)
41. Answers To Love / It Was Real (Lion 137)
42. First Class / Coming Back To You (All Platinum 2373)
43. Bobby Kline / Say Something Nice To Me (MB 1001)
44. Herb Ward / Strange Change (Argo 5510)
45. The Continental 4 / The Way I Love You (Jay-Walking 009)
46. The Modulations / What Good Am I (Buddah 398)
47. Exits / Another Sundown In Watts (Kapp 2028)
48. Cool Sounds / Boy Wonder (Warner Bros.7615)
49. The Sensations / Demanding Man (Way Out 2005)
50. The Cheers / Never Again (Nation 7859)
51. The Sensations / Gonna Step Aside (Way Out 2005)
52. Roscoe Robinson / Just Ask The Lonely (Gerri 1001)
53. Ty Karim / Lightin’ Up (Romark 73-104)
54. Connie Laverne / Can’t Live Without You (GSF 6916)
55. The ‘La Dellics’ / I’ll Never Change My Love For You (Mo-Jo 3001)
56. Gladys Knight & The Pips / No One Could Love You More (UK Tamla Motown 864)
57. The Appointments / Sweet Daddy (Dart! 3510)
58. The Appointments / Keep Away (Redd Coach 732)
59. Theron & Darrell / I Was Made To Love Her (Solo 1970)
60. The Exquisites / Just Couldn’t Make It (Crow 1034)
61. Vanguards / Good Times Bad Times (Lamp 94)
REQUEST
62. Willie Tee / First Taste Of Hurt (Gatur 509)
63. Willie Tee / Please Don’t Go (Nola 737)
64. Tomorrow’s Promise / Never Take Your Love Away (Mercury 73644)
65. The Dramatics / Stop Your Weeping (ABC 12372)
66. The Destinations / I Can’t Leave You (Ando 114)
67. Hollidays / Easy Living (Groove City 206) vocal by Steve Mancha
68. Cody Black / Keep On Keeping On (King 6148)
69. Tyrone Davis / This I Swear (Columbia 3-10528)
70. Z.Z.Hill / Make Me Yours (UK Action 4532)
71. Steve Mancha / Did My Baby Call (Wheelsville 102)
72. David Ruffin / Walk Away From Love (Motown 1376)
73. Ann Peebles / I’ve Been There Before (Hi 2248)
74. Candi Staton / Too Hurt To Cry (Fame 1478)
75. Bettye Swann / Make Me Yours (Money 126)
76. Clarence Mann / You Met Your Match (Gramphone 45707)
77. Little Reuben / In The Name Of Loneliness (New Records 602)
78. James Phelps / The Look On Your Face (Apache 2007)
79. James Phelps / You Were Made For Love (Apache 2007)
80. Bonnie Floyd / I’m So Lucky (Big Yellow 64)
81. Nate Evans / Main Squeeze (Twinight 156)
82. Allison / How Come (Ansap 1001)
83. The Atlantics / What’s So Good About Goodbye (Marquee 444)
84. The Soul Children / If You Move I’ll Fall (Epic 50236)
85. Eddie Parker / But If You Must Go (Miko 803)
86. The Internationals / Beautiful Philosophy (D’ar 105)
10:00:25 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
楽 CD HOLLAND DOZIER HOLLAND : The Complete 45s Collection
2014 / 09 / 11 ( Thu )
HOLLAND DOZIER HOLLAND : The Complete 45s Collection (HURTBOX 006)

hdh complete 45

6 月初め頃だったか、新宿のディスク・ユニオンに置いてあって、1 万円を超える値段と 14 枚組というボリュームに驚いた。既にEdsel、Sequel、Castle 等で主要アーティストのシングル音源を含むコンプリート CD が出ており、そちらを買っているので、ちょっと手が出なかった。2 週間くらいたってユニオンに行ったら、何点か入れたものが完売とのこと。その後、バリノの未発表曲が入っていることを知って、ちょっと焦って、遅ればせながら購入。Brian Holland、Lamont Dozier、Eddie Holland のソング・ライター・チームがモータウン退社後に起こした 3 レーベルのシングル作品を網羅。1969 年から 77 年、Invictus の 96 枚、Hot Wax の 44 枚、Music Merchant の 17 枚、計 157 枚の全音源。ブックレットの序文によれば、曲数では 269 曲 (含むインスト) となっているが、数えてみると 265 曲、これに未発表となっていたもの 18 曲を加え、283 曲が収録されている。高額ではあるが、コスト・パフォーマンスは悪くない。
ここでは、18 曲の未発表音源についてコメントさせてもらいます。
13-17. Chairmen Of The Board / What’s The Use
13-18. Barrino Brothers / Trapped In A Love
13-19. Eloise Laws / (You’re Mine) Baby Doll
13-20. Barrino Brothers / Something About You
13-21. Eloise Laws / Don’t Burn The Bridge
13-22. Satisfaction Unlimited / Bright City Light (unreleased single version)
13-23. 100 Proof Aged In Soul / Since You’ve Been Gone (unreleased long version)
13-24. Freda Payne / Unhooked Generation (Tom Moulton Remix)
14-14. Chairmen Of The Board / Where There Is Faith, There Is Hope
14-15. Honey Cone / If I Can’t Fly (unreleased version)
14-16. Barrino Brothers / I Want To Give You All The Love You’ve Been Giving Me
14-17. Honey Cone / Come Back  
14-18. Eloise Laws / The Easiest Way To Fall
14-19. The Jones Girls / Don’t Be Sorry Be Careful
14-20. Eloise Laws / I Think You Need Love
14-21. Satisfaction Unlimited / Why (unreleased single version)
14-22. Chairmen Of The Board / Give Me Just A Little More Time (Tom Moulton Remix)
14-23. Chairmen Of The Board / You’ve Got Me Dangling On A String (Tom Moulton Remix)
頭の数字は巻数と曲順、括弧内はライナーによる注記。
別ミックスが 3 曲、別バージョン (含むロング・バージョン) が 2 曲となっているが、Barrino Brothers の 13-18 は 1-13 の別テイク。ということで、全くのお初の曲は、Barrino Brothers が 2 曲、Chairmen Of The Board が 2 曲、Eloise Laws が 4 曲、Honey Cone が 1 曲、The Jones Girls が 1 曲、計 10 曲となる。なお、Satisfaction Unlimited の 2 曲は Hot Wax のアルバム収録曲、テイクに相違があるか否かは確認していない。すべて、いわゆるデモ作品ではなくてバックもきちんとついた完成品だ。Music Merchant 1017 の B サイドとして用意されたとある The Jones Girls 以外、ライターや録音年等のインフォメーションは無い。
まず、4 曲収録のエロイーズ・ローズ、曲良しの Love Factory (Music Merchant 1013) は好きだけど、人気のあるアルバムは私の好みではなく、シンガーとしても魅力を感じない。13-19 と 14-20 は普通にインヴィクタス・サウンドなので悪くは無いが、見直すほどには至らなかった。引き換え、これまでの不明を詫びたくなったのがジョーンズ・ガールズだ。14-19 の Don’t Be Sorry Be Careful、こいつは端からイカレてしまった。私見ながらインヴィクタス版 Make Me Yours って感じかな、とても熱うございます。コーラスもばっちり決まってますね。もう最高、これだけでも、このボックスを買った甲斐がありました。GM と Paramount のシングルは持っているくせに、Music Merchant はちゃんと聴いていなかったことを猛省。他のリリース曲もチェック、なんともパワフル、Shirley Jones ってこんなに溌剌と歌ってくれるシンガーだったんだ。このグループの曲 (Music Merchant 1003) を歌っているのが 14-17 のハニー・コーンでバックはほとんど同じ、エドナ・ライトが一人で歌っています。シャーリー・ジョーンズとの聴き比べを楽しむのも一興。好きなグループだけに、どうしても期待してしまうのがチェアメン・オブ・ザ・ボード、こちらの思いをさらに上回ってくれるんだから、ジェネラル・ジョンソンさん、あんたは偉い。まさに頼れる男がかなりハイ・テンション歌ってくれる What’s The Use も良いが、さらにアップな Where There Is Faith, There Is Hope が素晴しい、欲を言えば、バックの音がボーカルに押されぎみ、もうちょっと弾けてもらいたかった。そして、ついにやってきましたバリノ・ブラザーズ、曲名から予想はしていたけど、実はお初じゃなかった。2 曲とも、2 年前の BLUE HEAT のレココンで長野の山口さんがかけてくれたアセテート盤の曲だ。はっきり言って、バリノが大好きで堪らない方なら、これで購入決定です。もう涙がちょちょ切れそう、生きていて良かった。I Want To Give You All The Love You’ve Been Giving Me はアルバム収録の Rain の路線のバラードで出来はさらに凄く、彼らのベストという人も多いのではないだろうか (私のベストは I Had It All のシングル・ヴァージョン)。ファルセット・シンガーがちょっと絡んできて、バリトンのリードが思いのたけをぶつける。感動、感謝、もう適当な言葉がありません。Something About You はもっとインヴィクタス色の強いミディアム、こちらもグレートと言うしかありません。
64 ページの冊子付き、各アーティストごとに大きな字で書かれているので読みやすい。斜め読みだが、目新しい記述は無かったと思います。難点は、シングル A 面だけでディスク 1 枚、B 面だけでディスク 1 枚という仕様。これでは、同じシングル盤の A 面と B 面が続けて聴けず、ディスクを入れ替えないといけない。ブック・スタイルのボックスなので、ケース等の配慮があれば、保管しやすくて、もっと良かったかな。それから、ダウンロード・コードも付いているけど、使い方が分からないのは私だけかね。
15:18:59 | もっと楽ソウル | コメント(0) | page top↑
| ホーム |