FC2ブログ
SOUL 不発の一発屋 @ BLUE HEAT
2018 / 06 / 24 ( Sun )
SOUL 不発の一発屋 @ BLUE HEAT

シングル盤 1 枚で消えていった Soul Brother & Sisiter 大集合
7 月 21 日 (土) open 17:30 start 18:00
場所 : BLUE HEAT 新宿区舟町 7 番地 舟町ビル B1F
PHONE : 03-3355-7799
DJ : 佐野勝明、森島繁美、マスクマン、佐々木正三
NO SMOKING
NO COVER CHARGE (minimum drink charge 1100 yen) 


blueheat 201807
00:46:13 | イベント | コメント(0) | page top↑
EULA COOPER (NUMERO)
2018 / 06 / 23 ( Sat )
EULA COOPER / LET OUR LOVE GROW HIGHER (NUMERO NUMCD 1263)
01 eula cooper cd 1
02 eula cooper cd 2
楽本 p 139 で取り上げている Eula Coope、彼女が Jesse Jones のアトランタ・レーベル Tragar、Super Sound、Note に残した全 14 曲をすべて収録したもの。既に 10 年前に組まれた 2 枚組コンピレーション THE TRAGAR & NOTE LABELS (NUMERO 020) で大半は聴けるものの、単独で全曲収録のアルバムが出たことを喜びたい。私は CD だけじゃなく LP 盤も買いましたよ。内容については、コンピの方のレビュー (当ブログ 20080707) で詳しく触れているので、そちらも参照ください。
68 年 14 才でデビューし 73 年まで、ティーンエイジャーながら、アイドル路線ではなく、ちょっと大人な曲を歌ってくれているのが嬉しいじゃありませんか。S 先輩から声も出てないし歌も下手とけなされましたが、女性ソウル・シンガーの魅力ってのは、男とは違って、声の迫力や歌の上手さだけじゃありません。純情や健気さだってソウルフルだし、女性ならではの凄みとかもあるし、ユーラ嬢の良さも分かっていただける人には分かっていただけるはず。女好きでサザン・ソウル好きの方、必聴です。
コンピに未収録だったのは ⑦⑫⑬ の3曲、マイ・ベストは ⑧、セカンド・ベストは ③、妙に切ない ⑩ も捨てがたい、①⑤⑥⑦⑨⑪⑭ も好き、注意深く聴いてください、ソウル・ミュージックでしか味わえない微妙なニュアンスが感じられるでしょ。

03 eula cooper shake 1
オリジナルは Tragar 6809、ローカル・ヒットし Atlantic からもリリースされましたが、全国的には不発。
04 eula cooper super sound 1
05 eula cooper beggar 1
私の所有盤には無いけど、ライナー掲載の盤にはライター名に Sam Dees & David Camon とあり、Rhythm by Fame Rhythm Section とあります。
06 eula cooper standing 1
07 cherry blend king 1
The Cherry Blend / Love Is Gone (King 6402) 72
ユーラがシニア・ハイ・スクールの友達と結成した 3 人娘、シングルは 1 枚のみ。CD には未収録、思い詰めた鬱なスロー・バラード、ソロとボーカルのテイストがちょっと違うので、リードはユーラ嬢じゃないかも。
17:48:03 | もっと楽ソウル | コメント(0) | page top↑
DO THE BLUES 45s ! Vol.2 & CLASSIC GOSPEL
2018 / 06 / 03 ( Sun )
ソウルじゃないけど、ひさびさの CD 紹介。
発売からちょっと時間が経ってしまって申しわけありません。まずは DISK UNION のブルース番長秋元さんの選曲によるコンピレーション第 2 弾。

DO THE BLUES 45s ! Vol.2 (THINK! RECORDS)
01 blues 45 vol two 1
02 blues 45 vol two 2
第 1 弾に続き、50 年代 60 年代のシングル盤から選曲された 20 曲、モダンなものからダウンホームなものまで、もう弾けまくり、半世紀前の音なのにとびっきりの鮮度でキトキトです。前の 20 曲でブルースに目覚めた方、さらにブルースも楽しい音楽だということが分かっていただけるはず。こういうコンピレーションは貴重、まずはマディやウルフを聴かなくちゃとおっしゃる先輩について行くのはお薦めできません、楽しくなくて挫折しちゃうよ。
インスト・ナンバーが減っています。今回も女は入ってません、私としては唯一注文をつけたいところ、秋元さん女嫌いなのかな。前も書いたけど、大事なのがライナー・ノーツ、音源の情報だけで無く、どこが気に入っているのか愛情をもって語ってくれていて、読んでいて楽しくなります。選者の嗜好で選ばれた曲ゆえ、どこが好きなのかどうして聴いてもらいたいのか、それが分からないといけません、秋元さん、第 3 集もお願いしますね。
03 little sonny stretchin out
最後まで聴けるんですが、とんでもないところにドリル・ホールがあって困ってます。
04 memphis slim lonesome
05 bob reed melatone
オリジナルは Vocal Ivory Lucky、私のはセカンド・プレス。
06 larru davis duke i tried
08 clyde hopkins black gold
07 t v slim ideel
09 earl hooker cj
10 elton anderson vin

続いて、最強のゴスペル・コンピが出ました。

CLASSIC GOSPEL 1951-1960 (ACROBAT)
ORIGINAL RECORDINGS RELEASED BY PEACOCK RECORDS, HOUSTON, TEXAS
11 classic gospel 1
12 classic gospel 2
昨年末に出ていたよう、2 ヶ月ほど前に土山さんのホット・ディスクの通販リストで見つけて、遅ればせながら購入。4 枚組で全 110 曲と曲数もたっぷり、さらに内容が圧倒的、それでもって価格も格安、ゴスペルも聴くというソウル・ファンには絶対のお薦めであります。
SPECIALTY、SAVOY、VEE JAY などに比べると、PEACOCK のゴスペルは CD で聴けるものがあまり見当らず、マイ・ゴスペル CD コレクションもなんだか中途半端だったけど、この 4 枚組でそんな不満も一挙に解消されました。Sensational Nightingales が 26 曲、Dixie Hummingbirds が 31 曲、この 2 グループで過半を占めますが、マイナーもちゃんと入っていて、以前紹介した Alpha and Omega Singers のシングルも両面収録されてます。他、Spirit Of Memphis、Sister Jessie Mae Rengro、Rev Cleophus Robinson、Gospelaires、Bells Of Joy、Original Five Blind Boys Of Mississippi 等々。
最も感激したのが Julius Cheeks の Sensational Nightingales、凄すぎて前後の曲の印象が薄くなってしまいます。録音順じゃ無くてアーティストごとにまとめて収録でも良かったんじゃないかな。音質もまずまず、Acrobat には続いて 60 年代の PEACOCK のゴスペル・シングルの CD リイシューも期待、Sunset Travelers (O.V.Wright)、Five Blind Boys (Roscoe Robinson)、Spiritual Five (Wilson Pickett) もまとめてコンプリートでお願いします。
16:56:51 | もっと楽ソウル | コメント(0) | page top↑
アルツハイマーのお知らせ
2018 / 06 / 01 ( Fri )
ALZ79.jpg
20:30:56 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |