楽CD  THE TRUTH 2
2011 / 05 / 15 ( Sun )
THE TRUTH 2 / A TASTE OF PHILADELPHIA (MAGNUM CAT 0044)
① Keep On Groovin’ ② Player For Humanity ③ We Won’t Miss It④ There’s Still Time ⑤ How Good Love Can Be ⑥ Time Machine ⑦ Just Another Dream ⑧ Magic In Your Fingertips ⑨ Let’s Get On Easy Street ⑩ What Direction ⑪ I Wanna Thank You Girl
2011 Unissued except ⑩ & ⑪ Notes : Al Boyd & Maskman

幻の TRUTH 音源、第 2 弾。③④⑦⑨ が 76 年にクリーブランドの Agency Recording スタジオでの録音、プロデュースはオージェイズのエディー・レヴァートとWalter Williams。The Real Truth (MAGNUM CAT 0005) には未収録であった Come Back Home と同じセッションでの録音だ。①②⑤⑥⑧⑩⑪ は 78 年にフィラデルフィアの Alpha Sounds スタジオでの録音で、制作はGeorge Bussey。LPも予定されていたが、契約問題があって、お蔵入りとなっていたもの。⑩ と ⑪ は 81 年にスタン・ワトソンの Philly Groove から 12 インチと7インチがリリースされているが、正規の発売ではなかったようだ。どの曲がというのではなく、アルバム全体からほとばしる熱気がすごい。まさに硬派の男のソウル、Larry Hancock と Leo Green のツイン・リードが爆発、熱苦しいるしいことこの上ない。⑩⑪ 以外では、①⑦⑨ が特に気に入っている。ラリー・ハンコックは今年1月3日に亡くなられ、最強のツイン・リードによる TRUTH のリユニオンもかなわぬ夢となってしまったのが残念。
なお、購入は解説付き国内盤がお薦め、Al Boyd のインタヴューで、謎のグループのリード・シンガーの正体が明らかにされており、長年のモヤモヤの一つが晴れました。


Truth 2
12:44:26 | もっと楽ソウル | コメント(0) | page top↑
<<アルツハイマ―のお知らせ | ホーム | SOUL SUMMIT at CAPITANO>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |