楽CD  MITTY COLLIER (UK KENT CDKEND 301)
2008 / 07 / 02 ( Wed )
MITTY COLLIER / SHADES OF THE CHESS SINGLES 1961-1968
(UK KENT CDKEND 301)
1. Gotta Get Away From It All [Version 2] (Chess 2050) 2. Everybody Makes A Mistake Sometimes (Chess 2050) 3. Git Out (Chess 2035) 4. That'll Be Good Enough For Me (Chess 2035) 5. Do It With Confidence (Chess 2015) 6. You're The Only One (Chess 2015) 7. [Lookin' Out The Window] Watching And Waiting (Chess 1987) 8. Like Only Yesterday (Chess 1987) 9. My Party (Chess 1964) 10. I'm Satisfied (Chess 1964) 11. Sharing You (Chess 1953) 12. Walk Away (Chess 1953) 13. Help Me (Chess 1942) 14. For My Man (Chess 1942) 15. Ain't That Love (Chess 1934) 16. No Faith, No Love (Chess 1918) 17. I'm Your Part - Time Lover (Chess 1871) 18. I Had A Talk With My Man (Chess 1907) 19. Let Them Talk (Chess 1889) 20. My Babe (Chess 1856) 21. Don't Let Her Take My Baby (Chess 1814) 22. Miss Loneliness (Chess 1856) 23. I've Got To Get Away From It All [Version 1] (Chess 1791) 24. I've Got Love (Chess 1791) 2008 Notes : Tony Rounce

アラバマはバーミンガムの生まれで、地元ではゴスペルを歌っていた Mitty Collier。彼女がシカゴの Chess レコードからデビューしたのは若干20歳。この CD はミッティ嬢の Chess 音源をまとめたソウル・ファン必聴必携のコレクション、やはり UK Kent は偉い。Chess には15枚のシングルと LP が1枚あり、シングルから24曲 (A面は全曲) が収録されている。1曲目と2曲目が Chess でのラスト・レコーディングとなった南部録音、3曲目以降はシカゴ録音、最後にデビュー・シングルを配するという曲順となっている。まず、ディープ・ファンをのけぞり悶えさせてくれるのが Rick Hall の Fame スタジオで録音された Everybody Makes A Mistake Sometime だろう。Al Bell (Isbell) と Eddie Floyd が曲を書き Roy Arlington (Safice 337) がオリジナルとなる楽SOUL絶賛のディープ・バラード。ライナーによれば、68年4月に行われた Mitty Collier のマッスル・ショールズ録音は6曲あり、4曲は未発表となっている。Spencer Wiggins や Arthur Conley で有名な Take Me Just As I Am、さらに Loretta Williams (Jotis 471) の I’m Missing You も含まれているというから、これは気になる。音源がないのか詳細は不明、収録されなかったのがまことに残念だ。未発表曲は無いが、最大のヒット I Had A Talk With My Man はロング・ヴァージョンが収められている。いつものことながらイントロのピアノに涙、バラード・ナンバーでは名曲 Let Them Talk をはじめ Like Only Yesterday や No Faith, No Love も泣ける。James Cleveland の That'll Be Good Enough For Me もテンションがあがりっぱなし。1曲目の Gotta Get Away From It All はサザン・ソウルのバックで歌われたデビュー曲の再録で、これも聴きものだ。TV ショー BEAT のイメージもあって、バラードを堂々と歌う姿が思い浮かぶが、数は少ないがリズムものもかっこ良くて、さらに惚れ直した。Cash McCall が曲を書き Monk Higgins がアレンジを担当している Git Out はタイトでファンキッシュなシカゴのジャンプ・ナンバー。ノーザン・ファンならこれはシングル盤で持っていたい1枚。Do It With Confidence もソウルフルに弾けるダンス・ナンバー、ドラムスも大活躍で、これまた素晴しい。なお、Sharing You はウエストコーストの Carl Henderson (Renfro 338) のカヴァー。Walk Away は 後にAnn Peebles がデビュー・シングル (Hi 2157) で取りあげている曲だ。また、I'm Your Part - Time Lover は Little Johnny Taylor のアンサー・ソング。最後に選曲について、私だったら、シックな R&B ダンサー Pain (Chess 1889) と Bring It On Home To Me に似たフレーズが印象に残るミディアムの R&B バラード Together (Chess 1918) の2曲も入れたかったところ。
Chess 以降、William Bell のもとアトランタのインディペンデント・レーベル Peachtree に5枚のシングルを残しており、ATLANTA SOUL / THE PEACHTREE RECORDS STORY (UK GRAPEVINE GVCD 3009) に4曲収録されている。(楽ソウルP256参照)
raku cd 1
21:13:22 | もっと楽ソウル | コメント(0) | page top↑
<<SOUL 45  SYL JOHNSON | ホーム | SOUL 45  NAOMI SHELTON & THE GOSPEL QUEENS>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |