SOUL 45  SYL JOHNSON
2008 / 07 / 03 ( Thu )
Syl Johnson / Things Ain’t Right (Special Agent 201) - 1967
シル・ジョンソンの Special Agent 盤は2枚。楽ソウルでは The Love I Found In You (Special Agent 200) を紹介させていただいた。最近、この 201 番のほうを入手。2枚ともフリップは UK で断然人気の Do You Know What Love Is なのだが、聴き比べるとちょっと印象が違う。201番の方がバックがタイト、音圧も厚く、ボーカルを含め (ボーカル部分は同じテイクのようだが) 音に迫力がある。歌いっぷりもくっきりと荒々しく、楽本ではちょっとケチをつけたが、ここでノーザン・サイドもぐっと評価をあげさせていただく。なお、Goldmine の CD “ The Northern Soul Of Chicago Vol.2 ” (Goldmine 71) に収録されているのは 200 番のテイク。さて、肝心の Things Ain’t Right だが、これにも唸ってしまった。ディープ・ファンなら Special Agent ではこの曲が一番だろう。ライターは Chuck Bernard、シカゴ・ソウルの潔さを感ずるストレートなバラード。真っ向正面、シルのひたすら一途なボーカルに涙、印象的なギターがフューチャーされた暖かく包み込んでくれるようなバック・サウンドも最高だ。
ついでに、楽ソウル (P72) の訂正をさせていただく。Try Me (Zachron 600) は Twilight 100 のシングルと違う曲としているが、同じ曲であります。Syl Johnson の CD “ Different Strokes 67-69 “ (Twinight TRI 2005-001) に収録されているものを聴いただけでシングルの音を確認しなかったため、間違ってしまった。でも、音は Zachron 盤の方が良いね。
soul 45-6
00:25:34 | SOUL 45 | コメント(0) | page top↑
<<楽CD  THE TRAGAR & NOTE LABELS (NUMERO 020) | ホーム | 楽CD  MITTY COLLIER (UK KENT CDKEND 301)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |