SOUL 45 WILLIE WORTHAM & WIGGINS BROTHERS
2013 / 11 / 24 ( Sun )
Willie And His People / Can’t Love Nobody But You (B&B 1007)
歌っているのは Willie Wortham というお方。懐古調のうららかなミディアム・アップ、滑らかなそれでいてサビのある歌いっぷりが、楽しい気分をさらに引き立ててくれる。サム・クックっぽいテイストもあり。A 面となる A Weak Man Cries は、タイトルそのまま自虐的なスロー・バラード。曲調はけっこう明るくて、深刻すぎないところが良い。実は、このシングル、3、4 年前、あるネット・オークションに出ていて、音も聴けてチェックしていたら、盤質が悪いにもかかわらず、ビッドする間もなく値段が上がってしまったもの。しばらくして、探し物をしている時に、日頃粗末な扱いをしているレコード箱の中で発見。いつどこでだれからいくらで買ったのかも全く憶えていない。Goldwax の James Carr や HI の Don Bryant を熱心に聴いていた頃かもしれないなぁ、ローカルな音として 1 回聴いたきりになっていたのだろう。こういうのの良さがわかるというか、こういうのが良いと感じるには、多少の年季が必要なのかもしれません。1 枚こっきりのシンガーで、全く情報の無いシングルですが、Willie Wortham を YOU TUBE で検索すると、教会で歌う背広姿の老人が出てきます。
willie his people
The Bo-Keys featuring Spencer & Percy Wiggins / Dark End Of The Street (Electraphonic 110)
以前、I’m Still In Need (Electraphonic 108) を紹介させていただき、これは嬉しい第二弾。ダン・ペンが書いた名曲のカヴァー、それもスペンサーとのデュオいうことで、聴く前からやばいくらい興奮してしまった。いやー、いいっす。交互にヴォーカルをとり、ハモるというパターン。エキサイティングな掛け合いやもの凄いシャウトはないけれど、いつまでも何回でも聴いていたくなる心地よさ。ディープ・ソウル・ファン、サザン・ソウル・ファンへの一足早いクリスマス・プレゼント。現時点では、CD も出ていないよう、これは買うしかありません。同時発売の I Need More Than One Lifetime (Electraphonic 109) のヴォーカルはパーシー・ウィギンズのみ。タメのあるメンフィス・ミディアム、曲調は 70 年代の HI っぽいかな、女声コーラスも付いてゴージャスな出来ばえ、こちらもお勧め。なお、2 枚ともウラは The Bo-Keys のインスト・ナンバーです。でもね、こんなの聴くと、ウィギンズ・ブラザース&ボー・ケイズ来日公演なんていう叶いそうもない夢を見てしまっていけません。
percy wiggins 20131121
Ann Bailey / Sweeping Your Dirt Under My Rug (Wand 11265) 1973
Sammy Jones (Jenesis 236) でふれたシングル、聴き直すと、やはりこちらの方が好き。ということで、レーベル・コピーをのっけます。デニス・ラサールやミリー・ジャクソンにも負けない勇ましさを評価したい。私の持っているのは DJ 盤のセイム・フリップで、ウラのFun City Woman は未聴。

ann bailey
06:56:31 | SOUL 45 | コメント(0) | page top↑
<<アルツハイマ―&ソウル・サミットのお知らせ | ホーム | SOUL 45 SAMMY JONES>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |