Bad Girl 不良少女
2016 / 03 / 04 ( Fri )
不良少女ってちょっと古いかな、大好きな “ BAD GIRL “ について、楽 SOUL では断片的な記載となってしまったので、気になることをまとめてみた。

01 fabulous denos bad girl
The Fabulous Denos / Bad Girl (King 5908) 1964
アトランタのグループ、Bobby Lee Fears、Rickey Andrews、Alan Pace、James Walker、Hezekiah Sheffield の 5 人組。彼らが歌ったこの King 盤が Bad Girl のオリジナルとされている。ライター・ネームは Fears のみだが、Lee Moses との共作。改めて聴くと、なじみのある後録のリー・モーゼスや Hermon Hitson よりもテンポが速い。ちょっぴり辛めのフィアースのボーカルをドラムスとコーラスが好サポート、軽快なダンス・ナンバーとなっている。なお、ハーマン・ヒットソンは CD アルバム (楽 SOUL 258p) のライナーで 「1964 年、Bobby Fears というローカル・シンガーがクラブで歌っているのを聴いたのがこの曲との最初の出会いだ」 と言っている。余談になるが、Bobby Lee Fears は Ohio Players の Compass 盤にも参加、ソロでは、Bobby Dixon 名義で ABC Probe (楽 SOUL 38p)、Bobby Brown 名義で Verve、Fears 名義で Forward と Bell にシングルがある。さらに余談となるが (こういう時でもないと書いておけないので、ご免なさい)、デノスのもう 1 枚の King 盤も出来は良く、King の前に The Fabulous Dinos (ディノス) 名義で Saber と Musicor にもシングルがあり、Instant Love (Saber 105) は絶対のお薦め盤だ。なお、このオリジナル Bad Girl は King New Breed – Rhythm & Blues (Kent CDKEND 210) にも収録されています。
02 fabulous 3+1
Fabulous 3+1 / Bad Girl (T&L 1039)
T&L はアトランタのレーベルらしい、このグループの情報は全く無くて、リリース年も確定できない。歌詞はほぼ一緒、デノスよりテンポはゆっくり、コーラスは付かず、よりサッドでアーシーな雰囲気を漂わせている。バックはチープというかシンプル、ライターには Richard-Wookie-Sam-Dixon-Brown とあり、メンバー名かと思われるが、1 人多い。裏の曲は Don’t Cry、ベン・E・キングの I’m Standing By (Atco 6237) のカヴァーで (この曲については、鈴木先生の SOUL CITY USA 60p に詳しい)、明るくのどか。両面、クレジットは同じ、発売年 1963 年としている資料もあり、音のタッチから否定できない気もする。デノスがシングル・リリースする前にステージで歌っていたのをちゃっかりいただき先にこっそりプレスしてしまったのか、King 盤は作りが洗練されている、もしかするとデノスが生で歌っていたのはこの Fabulous 3+1 のバージョンに近かったのかもしれないなんて推測もしたり、結局、何も分からず、私の妄想シングルの 1 枚となっている。
03 arthur corvets poor girl
Arthur and The Corvets / Poor Girl (Na-R-Co 203) 1964
楽 SOUL 32p で触れた Arthur Conley の初期録音だ。多分、デノスの Bad Girl は地元アトランタではかなりポピュラーな曲だったのだろう、歌詞は違うが、メロディーは類似、タイトルも Poor Girl だもの。コンレイのサッドな歌声にはぴったりの曲調、息をからし汗を飛び散らせての熱唱、もう一人男も絡んできて気分をあおってくれる、アーリー・ディープ・バラードの傑作だ。
04 roy lee johnson josie
Roy Lee Johnson / So Anna Just Love Me (Josie 965) 1966
楽 SOUL 71p 参照、プロデューサーは Wendell Parker でやはりアトランタ産。これは完全なカバーとは言えないが、インスパイアされた曲というのは明らか。リー・モーゼスの Musicor 盤につながる重厚なジャンプ・ナンバーだ。
05 lee moses bad girl 1
06 lee moses bad girl 2
Lee Moses / Bad Girl Part 1 & 2 (Musior 1242) 1967
真打ち登場、楽 SOUL 92p では少し褒め方が足りなかったと反省。バラード・ジャンプなんて少々矛盾した表現も許してくれそうな破格の素晴しさ。とにかく凄い。バックを務めるのは、モーゼスさんのバンド The Deciples のよう、バチバチのドラムスの奮闘にありがとうと言いたくなるね。昔昔、このシングル、複数枚持っていて、気前よく売り払ってしまったことを後悔、もう 1 枚残していれば、右と左で表裏とおしでプレイできたのに。いつの間にか値段も上がってしまいました。
07 herman hitson bad girl
Hermon Hitson / She’s A Bad Girl (Minit 32096) 1970
楽 SOUL 62p 参照、私が最初に不良少女に出会った記念すべきお皿。バックは The Ohio Players、歌も演奏もキメキメに決まっている。美意識にうるさいディープ・ファンならリー・モーゼスよりこちらかもしれない。
08 lee moses gates bad girl
Lee Moses / She’s A Bad Girl (Gate 1242) 1972
再録盤、野蛮な歌いっぷりでモーゼスさんには問題無しだが、バックのギターとドラムスのリズムがちょっとおかしい、Musicor や Minit を聴いた耳には残念かな。

これまでは全てアラバマの録音、最後はぐっと時代が飛びます。
09 eli paperboy reed true love 1
10 eli paperboy reed true love 2
Eli “Paperboy” Reed & The True Lovers / Bad Girl (from Mini CD Album Q Division) 2008
プロモーション用に製作されたミニ・アルバムの 2 曲目。イーライ・ペイパーボーイについて知らない人は当ブログ 20100207 を参照ください。白人だから今時だからって聴かないのは損、ハーマン・ヒットソンのバージョンに近いかな、志も潔く、なかなかの出来栄えであります。ついでに、他の収録曲についても、1 曲目の Ace Of Spade は OV にあらずオリジナル。5 曲目の So Tired Of Wandering はライブ録音、Robert Ward が歌う Ohio Untouchables / I’m Tired (Lu Pine 116) のカバー、2 曲入り CD (QDIV 1040) にも収録、扇情的なホーンに、エモーショナルなボーカルがこれでもかって、火傷しそうなくらい熱気が充満しております。
なお、Bad Girl については In Dangerous Rhythm という海外のブログでもとりあげられていて、イーライ氏のコメントもあり、本ブログの記載も少し参考にさせていただきました。

最後に、調べていたら、Lee Moses の Bad Girl の歌詞がみつかりましたので、掲載します。
- Pt.1 -
This is a song about a bad girl
Something that happened to me long time ago
Everybody was telling me how the little girl was running around
I had a head of my own and I just wouldn't listen to nobody
My father he told me
My mother sat down and cried
Said "son this woman will break your heart
And then she'll put you down"
That's when I told mama these words
Lord have mercy
Baaaaaad girl, mama
Bad, bad girl
Mama they call her bad girl
All because she wanted to be free
But I'm in love with the little girl
And I believe that she loves me.
What my heart feels
My lips must confess
So I will never let her alone
I don't care if they call her bad
Bad girl, mama
Lord have mercy
Bad, bad girl
Love is a mystery
Never can be explained by anything
But I believe one of these days
The whole world will understand
What my heart feels
My lips must confess
So I will never let that little girl alone
I don't care if they call her bad
Bad girl
You better believe it, mama
Bad, bad girl
Bad, bad girl
- Pt.2 -
Big brother told me not to fall in love
With an older woman (ha ha)
Love, don't you treat me like a king,
But I'd never let her know
That I'd fallen in love with a wonderful woman
That's good to me. (ha)
She very good, very bad, very good,
But our love got to be another thing, and I say
Dear god, I may be wrong for saying these words,
Forget you, I'll be happy with that woman.
Let me shield all pain and all agony,
My life will always be at ease.
Forgive me darling, forgive me darling,
But I gotta have - lord have mercy
Bad, bad girl
Bad, bad girl
Bad girl, mama
Lord have mercy
Bad, bad girl
Bad, bad girl
20:58:15 | SOUL 45 | コメント(0) | page top↑
<<JOHNNY ADAMS | ホーム | FUNKY & SERIOUS (躁と鬱) @ BLUE HEAT>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |