楽CD  DORIS ALLEN / A SHELL OF A WOMAN (UK Soulscape)
2008 / 09 / 03 ( Wed )
DORIS ALLEN / A SHELL OF A WOMAN (UK Soulscape SSCD 7012)
1. A Shell Of A Woman (Minaret 149) 2. Kiss Yourself For Me (Minaret 149) 3. Let A Little Love In [Big John Hamilton & Doris Allen] (Minaret 156) 4. A Place In My Heart [Big John Hamilton & Doris Allen] (Minaret 156) 5. Them Changes [Big John Hamilton & Doris Allen] (Minaret 159) 6. Bright Star [Big John Hamilton & Doris Allen] (Minaret 159) 7. Hanging Heavy In My Mind (SSS Inter 820) 8. I'll Just Keep On Loving You (SSS Inter 820) 9. Candy From A Baby (P-Vine PLP 333) # 10. Treat Me Like A Woman (P-Vine PLP 333) # 11. I Don't Want To Cry [Big John Hamilton & Doris Allen] ## 12. So Good To Be Together [Big John Hamilton & Doris Allen] ## 13. Full Time Fool (Emerald Coast 16864) 14. Night Time Is The Right Time (Emerald Coast 16864) 15. Let's Walk Down The Street Together ## 16. A Shell Of A Woman [1986 version] ## 17. Clean Up Woman ## 18. Birmingham Jail ## 19. Baby It's Cold Outside ## 20. You Left The Water Running ## 21. Tit For Tat ## 22. What's Wrong With Me Loving You ## 23. Ashes Won't Burn ##
# unissued ## previously unissued 2008 Notes : Paul Mooney

Mary Gresham に続いて Soulscape から思いがけない Doris Allen の CD アルバム。A Shell Of A Woman (楽p.136) という超弩級バラード 1 曲でディープ・ソウル史にその名を残す女性シンガー。87 年に P-Vine の Deep Soul Classics シリーズ Big John Hamilton & Doris Allen (P-Vine PLP 333) でシングル音源と未発表が 6 曲 (うちデュエット 3 曲) リイシューされていたが、今回は 23 曲収録ということでちょっとその数に驚いた。全て、フロリダ Valparaiso にあった Finley Duncan の Playground プロダクションで制作されたもの。Doris は 69 年に 4 枚のシングルを Minaret と SSS International に残しており、うち 2 枚は Big John Hamilton とのデュエット。1 から 8 曲目がそのシングル曲で、9 から 12 曲目の 4 曲が 70 年前後の録音と思われる未発表曲だ (ソロ作品は既に P-Vine 盤に収録済)。なんと言っても冒頭の A Shell Of A Woman が強烈過ぎて後が霞んでしまうが、未発表のジャンプ・ナンバー Candy From A Baby も迫力満点で素晴しい。Treat Me Like A Woman はカントリー・テイスト、ラストで感極まるバラード、バックが淋しいのが惜しい。Big John Hamilton とのデュエットでは、スロー・バラードの A Place In My Heart がマイ・ベスト。未発表の I Don't Want To Cry は Chuck Jackson の高速カヴァー、これはお二人ともやけっぱちって感じで面白い、Big John も Doris に押され気味だ。実力申し分無しの 2 人、お互いの我をぶつけられるような曲が少ないのが残念かな。ライナーによれば、この頃の Playground のリズム・セクションは RJ Benninghoff (keyboards)、Larry Snell、John Adkins (guitar)、Tony Ardivino、David Adkins (drums)、Dan Ertel、Kent Phillips (bass)、ホーンは地元の The Tikis (Len Wade が在籍していたバンド) や Leroy Lloyd & The Dukes もしくは The Memphis Horns や Gene Miller のバンドを調達することもあったようだ。Minaret 盤から十数年レコーディングから遠ざかっていた Doris は86年にカンバックし、Duncan の新レーベル Emerald Coast からシングル盤をリリースする。そのシングルと同時期の録音で未発表となっていたものが 13 曲目以降の 11 曲。Emerald Coast のシングルは、ミニコミ Sound Off の 2 号でも紹介していたので思い出深い。Night Time は Ray Charles の曲でスロー・ブルース。フリップの Full Time Fool はミディアムの佳曲、やんわりディープなヴォーカルが泣ける。正直言ってしまうと、残る未発表曲については期待していなかった。シンセも入ったバックはイマイチで、この辺の音はもう聴かなくなっているから。でも、そんなことはどうでもいいと思えるほど、円熟味を増した情け深いヴォーカルに出会って、我を忘れて涙してしまった。A Shell Of A Woman の再録をはじめ、ミディアムの Let’s Walk Down The Street Together、カントリー調のバラード Baby It’s Cold Outside、軽快なリズムのサザン・ダンサー Ashes Won't Burn あたりが特に印象に残る。ヴォーカルの力というものを改めて思い知らされた感じだ。なお、Clean Up Woman は Betty Wright の曲、You Left The Water Running はあの有名曲ではありません。最後に Doris Allen のバイオについて簡単に。40 年、サウス・カロライナの Aiken の生まれ。同郷の Big John Hamilton や Leroy Lloyd & The Dukes とともに南部をサーキットし、JB や Denise LaSalle、Clarence Carter、Betty Wright などの前座で歌っていたそうだ。ドラムやギターも演奏できたらしい。このアルバムを企画した Garry Cape 氏は彼女へのインタビューも予定していたが、昨年 11 月に亡くなられ実現できず、本 CD が追悼盤となってしまった、合掌。
doris allen
06:47:06 | もっと楽ソウル | コメント(0) | page top↑
<<SOUL 45  THE MAGNETICS | ホーム | 楽BOOKS  魂 (ソウル) のゆくえ / ピーター・バラカン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |