楽CD  KENNY DOPE & KEB DARGE PRESENTS KAY-DEE VOL.2 (MAGNUM CAT)
2008 / 09 / 28 ( Sun )

KENNY DOPE & KEB DARGE PRESENTS KAY-DEE VOL.2 (MAGNUM CAT 0001)
1. Soul Severes / I Got It [Kenny Dope Edit] 2. Clarence Reid / Masterpiece [Kenny Dope Edit] 3. Willie Johnson / Lay It On Me 4. Spade Brigade / I'm Your Man 5. Phillip Wright / Keep Her Happy [Kenny Dope Edit] 6. The Beginning Of The End / Come Down Baby [Kenny Dope Edit] 7. Fire / You Don't Know [Kenny Dope Edit] 8. Mugo / Organized [Kenny Dope Edit] 9. 7 Miles Per Hour Band / Latin Freak 10. Mellow Madness / Save The Youth [Kenny Dope Mix] 11. Kashmere Stage Band / Super Strut 12. Family Of Eve / I Wanna Be Loved By You [Remixed by Kenny Dope] 13. Gary Davis / Remember Me 14. Belle Farms Estate / Puddin' [Kenny Dope Edit] 15. The Chosen Few Band / What It Takes To Live 16. 7 Miles Per Hour Band / Playing Your Game 17. Rickey Calloway / Shed A Tear [Remixed by Kenny Dope]
2008 Notes : Keb Darge, David Griffiths, Rickey Calloway & Maskman

Keb Darge & Kenny Dope がコンパイルした KAY‐DEE レーベルのミックス CD (音がつながっています)。ディープ・ファンクのコンピなので、王道ソウルを貫く方にとっては、全く興味がわかないだろうな。かく言う私も、ファンク・ファンでもないしダンス・サウンドを熱心に聴いているわけでもないのだが、これは Keb Darge という名前で買いました。アンダーグラウンドでレアな音源が惜しげもなく、そしてソウルフルでダンサブルなサウンドがぎっしり。70 年代後半のものが多いかな、Clarence Reid や Willie Johnson はファンクとして、Space Brigade や 7 Miles Per Hour Band、The Chosen Few Band はモダン・ソウルとして好きな曲、Mellow Madness や Family Of Eve もディスコっぽいが芯は通っている。意外や、最後の Rickey Calloway はなりきりJBといったバラード。まぁ、この手の音について語るのは苦手なので、内容についてはこのぐらいにしておきましょう。なお、Magnum Cat の国内配給盤には MASKMAN のお茶目でツボを心得たライナー・ノーツが付いています。
kay dee 
ここで、Keb Darge 氏とノーザン・ソウルについて余談を少し。忘れもしない 98 年 6 月 3 日、六本木 LAYBACK での NORTHERN SOUL ALL-NIGHTER のイベント。80 年代 UK ノーザン・ソウルの復興者でナンバー・ワン DJ であったケブさんのプレイを初めて見ることができた。既に DEEP FUNK という新たなジャンルで活動していたケブさんだったが、かけてくれたシングルはバリバリのレア・ノーザン。世界に数枚といったオリジナル原盤に目がくらみテンションは上がりっぱなし、わけの分からないアセテート盤もあったね。そのレアリティーとクオリティーは圧倒的だった。さらに、Timeless Legend や Gilmore Brothers といったモダン・ソウルまで回してくれたのにも驚いた。恥ずかしながら、ダンス音痴の私は最初から最後まで DJ ブースの前でかぶりつき状態だったな。周りの熱気と興奮も最高潮で、生のノーザン・ソウルを初体験した瞬間と言っても良いかもしれない。ノーザン・ソウルとは 70 年代 Wigan Casino に代表される UK ノースのクラブでスピンされた汗臭いダンス・ナンバー、リスペクトされる DJ とそのプレイに熱狂する人たちがあって最もときめくサウンドだということをまさに身をもって知った一夜だった。サザン・ソウルやスウィート・ソウルと同様にソウル・ミュージックのジャンル分けとしてノーザン・ソウルという表現を使ってしまうが、こういった体験を踏まないと、どうもしっくりこない言葉だという気がする。この半年ぐらい前から、友人 DK 君の誘いがあり、彼と MM さんと共にノーザン・ソウルのイベントでシングル盤を回していて、薄々とは感じていたのだが、ケブさんのプレイは決定的だった。あれから随分と経ってしまった、今でも SOUL 本舗 (毎月) と主催者の 1 人でもあるアルツハイマー (隔月) には欠かさず参加している。どちらもノーザン・イベントではないし踊る人もほとんどいないが、私にとっては大切な時間。ソウル・ミュージックを愛する仲間たちといっしょにいると楽しく気分も高揚し、新たな刺激ももらえる。ときおり、10 年前のあんな雰囲気の中でもう一度ノーザン・ソウルが聴けたらと思うことがあるが、それはかなわぬ夢であろう。
keb darge 

Keb Darge 氏が手掛けた CD コンピを何枚か紹介。
KEB DARGE'S LEGENDARY DEEP FUNK VOL.1-VOL.3 と DJ Shadow、Kenny Dope、Pete Rock らとコンパイルした FUNK SPECTRUM VOL.1-VOL.3 が彼の代表的コンピレーションだが、ソウル・ファンにもお薦めなのが次の3枚。
SOUL SPECTRUM VOL.1 (BBE) compiled by Dr Bob Jones & Keb Darge
SOUL SPECTRUM VOL.2 (BBE)
BEAMS PRESENTS THE KEB DARGE EXPERIENCE (GOLDMINE / SOUL SUPPLY)
① と ② はともにモダン・ソウルをメインにすえたコンピで、レアリティーもクオリティーも申し分なしだ。① Tony Troutman (Jerry)、Timeless Legend (Dawn-Lite)、Melvin Moore (Sky Hero)、Veda (West Sounds)、Solid Gold Revue featuring Ray Crumley (Castanet)、Winfield Parker (P&L)、Tal Armstrong (Love)、Fabulous Play Mates (Select) 等を収録。② Tony Fox (LP/Blaster)、King Tutt (Fun City)、Storm (Rosette)、Patterson Twins (Commercial)、Brothers Gilmore (Bantu)、S.P.G.(Magik)、Target (Kama)、Innersection (Group 5)、Ernest Baker (Blue Soul)、Flowers (La Xpressio)、Vise (Chocolate Mama)、Bobby Reed (Bell)、Del-Larks (Queen City) 等を収録。なお、Obsessive に同名のコンピがあるのでご注意を。③ は日本で制作されたもの、発売された 99 年当時の彼のクラブ・プレイと同じ構成で選曲されている。まずはファンク、少しノーザン、そしてモダン・ソウルという流れである。Hank Johnson (Spear)、Third Guitar (Rojac)、Herman Hitson (Sweet Rose)、Herb Johnson (Toxsan) あたりはグレート歌ものファンク、Pat Lewis (Solid Hit)、Ramona Collins (Clarks) はミリオネア級ノーザン、RAJ (Oak Tree)、Pro-Fashination (MOT)、Larom Baker (The Record Company)、Spread Love (LP/Sunstar)、Satin (Shell) といった気持ちの良いモダン・ソウルの連発で締めくくってくれる。残念ながら、3 枚いずれも廃盤だが、キャリア 10 年以上のモダン・ソウル・ファンは持っているはずなので、拝んで借りる手もあり。

01:57:11 | もっと楽ソウル | コメント(0) | page top↑
<<アルツハイマ―のお知らせ | ホーム | SOUL 45  SEPTEMBER JONES / THE SYMBOLICS / PEARL JONES>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |