SOUL 45  BULL / TYRONE THOMAS / EDDIE SULL
2008 / 11 / 13 ( Thu )
Bull / In The Meantime (Bell 45,186) - 1972
もう 15 年位前になるかな。あるコレクターの方からテープをいただいたことがある。イギリス人には珍しくスウィート・バラードを中心に選曲したもの、なかでも印象に強かったのが Alton Jackson & Larry Bailey の Believe In Me とこの In The Meantime だった。コーラスも付いてグループ仕様のミディアム・バラード。まったりと甘いメロディー・ラインに悲哀に満ちたヴォーカルが谺する。恋人と聴くには侘しすぎ、一人夜のお供が似合うかな。何故か、曲調におかまいなく敲きまくるドラムスがやんちゃでホッとする。フリップの Bygone は UK で人気のあるダンス・ナンバー、爽やかなヴォーカルがいい味を出していると思うが、ポップすぎて軟弱だとおっしゃる方もいるであろう。シングルを手に入れたのは 10 年ぐらい前、レーベルを眺めていたら、ライター名が James “Bull” Parks となっている。68 から 69 年にかけて、シカゴの Toddlin’ Town に3枚のシングルを残している Bull & Matadors のブルさんではありませんか。Bull の Bell 盤は珍しいが、グループのシングルは安く買える。Karl Tarleton がプロデュースした I Can’t Forget (Toddlin’ Town 116) は軽快なテンポのベーシック・ノーザン、全身ワクワクゾクゾク、歌いっぷりも良くて一時期よく聴いていたシングル盤だ。もう 1 枚、If You Decide / Love Come Down (Toddlin’ Town 123) も両面ナイスです。
bull.jpg
Tyrone Thomas / You’re Hardly Gone (Polydor 2146) – 1980
ヴァージニアのバンド The Whole Darn Family のリーダーでもあったお方、76 年にリリースされた Has Arrived (Soul International) の LP で有名だ。アトランタでレコーディングされ、August Moon (O-Gee にレア・シングルがある) も制作に関っていたアルバム。Fly Away Love Bird のシングルを残し、私はとっくの昔に売り払ってしまったが、Seven Minutes Of Funk というインストゥルメンタルがファンク・ファンには人気があるようだ。一方、こちらはモダン・ソウル・ファンに有名なシングル、No Good Man の SF 盤が多く、レギュラー・イシューは珍しい。多分最高値でつかんでしまったという記憶があり、私の点数はちょっと辛く 80 点ぐらいかな。ディスコ・サウンドとは一線を画すおしゃれで粋なダンサー。かなり歌えるシンガー、それもそのはず Little Tommy の I'm Still Hurt / Baby Can’t You See (Sound Of Soul 104) はこの人の若き日のレコーディングだ。
tyrone tomas
Eddie Sull / I’m Looking For My Baby (Marc 102, Renee 115)
これは楽ソウル (p.116) でも紹介したもの。The Classic Sullivans の Eddie Sullivan が唯一ソロで残したシングル。2 種類のリリースがあり、Marc 盤を買った時、リストに rare first Chicago release before Renee と書いてあったので、ずっと Renee 盤は Marc の再発と思い込んでいた。ところが、最近聴き直して、別テイクであることに気が付いた。ヴォーカルも微妙に違うような気がするが、バックが明らかに違っている。Marc 盤にはホーンが入っていて、Renee 盤はホーン無し。Renee の別テイクに Marc は後でホーンを被せたものではないかと推測される。騒ぐほど出来に大差はないが、ドラムの音がシャープに聴こえる Renee の方が好きかな。それにしても、コブシをブンブン振り回すヴォーカルがまことに天晴れ、ディープ・ファンにもお薦めしたい小気味好いダンス・ナンバーだ。フリップの Tell The Whole World About It も Marvin Gaye と Sam Cooke が見え隠れするミディアムで、楽しくなれる。
eddie sull
17:28:43 | SOUL 45 | コメント(3) | page top↑
<<楽CD  J&S HARLEM SOUL (KENT) | ホーム | 楽CD  TAKE ME TO THE RIVER / A SOUTHERN SOUL STORY 1961-1977 (KENT)>>
コメント
--やっぱり…--

楽プレジデント、
お疲れ様です。

楽総務、kikuroです。

ブルと言えば…
中野!と思うのは
私だけでしょうか?
WWF(現WWE)に出た時の事が忘れられません。

そういえば、ベルのブル、この間聴きました。
楽プレジデントの文章、納得です。

by: kikuro * 2008/11/14 13:35 * URL [ 編集] | page top↑
--↑--

お疲れ様です。
Bullといえば
BULL & EL CAPALARA'S: girl of my heart / no sign of sadness(Bell975)
てのも同じシンガーのグループですよね。
by: 楽玉門 * 2008/11/14 22:31 * URL [ 編集] | page top↑
----

楽玉門様、情報ありがとうございます。聴いたことないのですが、ライター名が James Parks となっていたはず。同じグループだと思います。
by: sano * 2008/11/15 14:35 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |