楽CD  THE SOUL OF MONEY VOLUME 3 (KENT)
2009 / 04 / 17 ( Fri )
THE SOUL OF MONEY VOLUME 3 (UK KENT KEND 316)

1. Don't Take My Mind / Bettye Swann (from Money LP 1103) 2. You Got Me Dizzy / Bobby Angelle (Money 137) 3. I'll Give My Love To You / Eric Williams (Money 109) 4. If She Wants To Go / The Choice Of Colors # 5. I'm Gonna Speak Out / Eddie Horan (Money 605) 6. Sugar Love / Pat Livingston (Money 606) 7. I Wish / Delilah Moore (Money 602) 8. Speak To Me In Your Soulful Way / Hank Jacobs & The TKOs (Call Me 5387) 9. Put Your Weight On It Part 2 / Filmore Steet Soul Rebellions (Money 131) 10. Doin The Thing / The Question Marks (Money 105) 11. I Don't Want Nobody / Tommy & Eddie (Money 124) 12. I Will Not Cry / Bettye Swann (from Money LP 1103) 13. Hard Times Are Coming / Unknown Duo # 14. Open Up Your Eyes / The M&M's & The Peanuts (Money 101) 15. Someone Is Gonna Hurt You / Bobby Angelle (Money 128) 16. The Answer Came Too Late / The Larks (Money 119) 17. Why'd You Put Me On / Bobbi Row & The Englishmen (Money 116) 18. There's Nothing I Wouldn't Do / The M&M's & The Peanuts # 19. Sad And Blue / The Mysteries # 20. The Charge / The TKOs with Hank Jacobs At The Organ (Ten Star 105) 21. The Skate / The Larks (Money 127) 22. Give Back Your Lovin' / Don Trotter (Utopia 602) 23. Girl You're So Fine / Bobby Angelle (Ten Star 101) 24. The Heartache Is Gone / Bettye Swann (Money 118)
2009 # unissued Notes : Ady Croasdell

この第 3 集で Money 音源の CD リリースも完結ということのようだ。これといった未発表曲もなく、落ち穂拾いといったかんじイメージがぬぐえない。目立った曲が Bettye Swann の 3 曲というのも淋しくなってしまいます。Bettye 嬢の I Will Not Cry は Make Me Yours のフリップ・サイドの曲。これは本コレクションに収録された LP ヴァージョンの方が私は好き、ライナーで Ady Croasdell 氏も書いておられるように、女性コーラスを配したバック・サウンドはデトロイトの Pied Piper を彷彿、Bettye Swann の数々の名唱の中でもとりわけソウルフルな曲といえるかもしれない。この人の歌声って、本当に癒される。Bobby Angelle には倉庫に眠っていたディープなサザン・バラードが聴けるかと期待してしまったが、収められた曲はいずれも 1、2 集に洩れていたシングル曲ということで、少しがっかり。でも、このシンガーらしさということでは You Got Me Dizzy も悪くない、この曲、Jimmy Reed のカヴァーだったとは、初めて気がつきました。ちょっとドキっとしてしまったのが The Choice Of Color、ノース・カロライナの Ron Henderson のグループにあらず、Lummtone レーベルにシングルもある Upfronts を前身とするグループ、1971 年に吹き込まれお蔵入りとなっていた If She Wants To Go はあまりソウルっぽくなくて私の好むところではないな。Eddie Horan、Pat Livingston、Delilah Moore は 72 年から 74 年の Money のセカンド・シリーズのシングル。女性 2 人は本ブログで取り上げた曲のフリップ・サイド、私が気に入っている Pat Livingston の You Bet I Would は第 2 集に、Delilah Moore の I’ll Just Walk Away は第 1 集に収録されている。Tommy & Eddie は Buster & Eddie の名前で Can’t Be Still (Class 1518) という抜群のノーザン・ナンバーを残している Tommy Williams & Eddie Williams の兄弟デュオ。Miles Grayson がプロデュースした Eric Williams はポップなシンガー。The TKOs は Money レコードのハウス・バンドで 2 曲ともノーザン・インスト。軽快にオルガンを弾いているのが Hank Jacobs というミュージシャンで、The Question Marks と The M&M's & The Peanuts は彼のプロデュースによるものだ。Question Marks はストレートなダンス曲、M&M's & The Peanuts の Open Up Your Eyes はドゥーワップ・バラードみたい。変わったところでは、Filmore Steet Soul Rebellions、ヴォーカルの Rudy Ray Moore は Blowfly のお友達みたいな下ネタ猥雑パフォーマー。Don Trotter は Brice Coefield、Chester Pipkin らと一緒に Happy Tones や Untouchables といったグループにも在籍していたシンガーようだ。The Larks については、Kent で単独アルバム Don Julian & The Larks / The Jerk – The Money Recordings (Kent KEND 207) がリリースされている。なんとなく低調で、ダラダラと書いてしまった。UK Kent はこれからのリリースが凄そうなので、5 月以降が楽しみ。
money vol.3
明日はアルツです。多くの方のお越しをお待ちしております。
07:29:14 | もっと楽ソウル | コメント(0) | page top↑
<<SOUL 45  KENARD & OTHERS | ホーム | アルツハイマ―のお知らせ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |