SOUL 45  KENARD & OTHERS
2009 / 04 / 26 ( Sun )
Kenard / What Did You Gain By That ? (Dore 848) - 1968
The Entertainers IV / Do It Right Now (Dore 819) - 1967
今のところ、楽しくなれるダンス・ナンバーってことでは、Dore の Kenard 盤の右に出るものなし。ディープでパワフル、ヴォーカルのコブシがまことに心地良くビートに絡みついて、絶妙なテンポとリズムをたたき出す。もう最高です。Kenard こと Kenard Gardner は The Entertainers IV のメンバーで、グループでも Dore に 9 枚ほどのシングルがある。何と言っても Temptation Walk [People Don’t Look No More] (Dore 749) が有名、さらに Doctor Love (Dore 751) と同じバック・トラックを使っている Getting’ Back Into Circulation (Dore 770) も抜群。でも、テンプスとウィスパーズの二番煎じといった感じが否めない、そこでこの Do It Right Now を聴いてもらおう。彼らの意気込みがストレートに伝わってくるような歌心満点のミディアム・アップ。明るい曲調に Kenard のそこはかとなく泣きのあるヴォーカルが味わい深い。
ここで触れた4曲すべて The Northern Soul Of Dore (楽p.327) で聴けます。
kenard.jpg
The Uptowners / Such A Love (Captown 4030) – 1968 ?
もうやりすぎというぐらいドラムスがめったやたらと自己主張してくれるノーザン・ナンバー。これじゃ落ち着いて歌えないだろうと気の毒になってしまうが、リード・シンガーもコーラスもけっこう冷静に対処しているところが偉い。おかげで、元気いっぱい乗りの良いダンサーに仕上がっております。そして、ウラのバラード From Lovers – To Friends も素晴しい。前半はうらぶれたコーラスをバックにファルセットがはかなげにむせび泣き、後半、無骨なテナーが訴えかけるように歌いあげる。これは、まるで演歌ではないですか、こういうのを聴くと、黒人と日本人の情感って案外近いものがあるんじゃないかと思ってしまう。Captown はワシントン DC のレーベル、Uptowners をプロデュースしている Al Haskins というお方のグループ The C-Quent の It’s You And Me / Dearest One (Captown 4028、Essica 004) もローカルな 60 ズ・グループ好きにはお薦め。
Jimmy & Arthur / I Know A Got A Good Thing (J&S 1485/6) – 1966
J&S Harlem Soul (Kent KEND306) で初めて知ったアーシーでディープなソウル・デュオ。あわててどこかで売っていないかと探したら、ありました。こちらはフリップ・サイドで、CD で聴けた Dancing In A Dream World 同様ゆったりとしたバラード・ナンバー。両面、こういうタイプの曲だと、今時では人気が無いが、私は大満足。ほのぼのとしたバック・バンドを背にサビのきいたヴォーカルが疲れを癒してくれる。ハープはちょっと邪魔かな。
uptowners.jpg
Skip Jackson & The Shantons / Promise That You’ll Wait (Dot-Mar 325)
Michael Lizzmore / Promise That You’ll Wait (Capitol 3480) - 1972
Skip Jackson は以前ミニコミ第 2 号の DEEP SOUL 100 選でも取り上げたミディアム・ナンバー。ノーブルなコーラスに渋いバリトン・ヴォイス、優しく誠実な歌いっぷりが爽やかでほのかに甘いメロにじわり、ゆったりとひたって聴き入ってしまう。これをカヴァーしているのが Blasé Lizzmore の名前でもシングルがある Michael Lizzmore の Capitol 盤だ。沁みるということで、私の好みでは Skip Jackson のオリジナルに軍配が上がるが、こちらも曲の魅力はそのままに、ディープなシンガーが切々とやってくれる。Dot-Mar 盤はフリップの I’m On To You Girl がポップなダンサーで UK で人気があり、Michael Lizzmore の方は逆サイドのオーティスのカヴァー Try A Little Tenderness の方が日本では知られているかもしれない。
skip jackson
06:16:26 | SOUL 45 | コメント(0) | page top↑
<<楽CD  THE EMPERORS / KARATE (MAGNUM CAT) | ホーム | 楽CD  THE SOUL OF MONEY VOLUME 3 (KENT)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |